\ ポイント最大11倍! /

初ジェットボート釣り、メタルジグでなんとかタチウオGETだぜ~!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ

ジェットボートでタチウオ

今日はジェトボート釣りの日です。

9時集合の前にいつものように、フィッシングマックス芦屋店でジグパラ20gを2つ買いました。

ジグパラ購入
ジグパラ購入

マリーナでは先輩が自作したロッド立て搭載のジェットボートアタッチメントの初お披露目です。

先輩のジェット
先輩のジェット

素人とは思えない器用さで、パイプを組み合わせて作られていました。

準備を終え、10時30分ころ出航、一路六甲アイランド沖へ。

目次

7防灯台の南側でタチウオGET

西宮浜を出航し、南芦屋浜の南側を航行中。

魚崎の海自の前を通過して、六甲アイランドの南を通り、西側曲がって南進、一路7坊灯台へ向かいました。

海自の船
海自の船

六甲アイランドマリンパークを左手に見ながら。

六甲アイランドマリンパーク
六甲アイランドマリンパーク

やっと7防灯台へ着きました。

7防灯台
7防灯台

今週金曜日に四季の釣りで紹介されただけあり、渡船でたくさんの人が渡ってきています。

赤い灯台を南へ回り込むといきなり堤防からタチウオを上げている人を発見!

いきなりテンションが上がるとともに、ジェットボートに取り付けられている魚探が鳴り始めました。

堤防の南150m付近の水深は18m、案外浅いようです。

魚探の魚影は濃いですね~。

ジグパラ IWASHI COLORを投入すると底へ落とし、少ししゃくりながら引き寄せますが、なかなかあたりはありません。

先輩はメタルジグからジギングサビキに切り替えしゃくりながらリールを巻いていると、あたりがあったみたいですが手ごたえがないとのころ。巻き上げると先に付けたメタルジグが無い。

どうやらタチウオサゴシに切られたようです。

何かいるに違いないと確信し、ジグパラ投入を繰り返し10分くらいたったときにロッドの先に重さを感じ、すぐにそれがタチウオだということが分かりました。

まずまずの手ごたえ、浮かんできたのはこれ。

神戸沖堤防付近のタチウオ
神戸沖堤防付近のタチウオ

指3本分、あとで測ると70cmでした。小さいですね。

魚探を見ながら少し移動し同じサイズを追加。

調子よくメタルジグを投げていましたが、12:30ころあたりが止まってきたので場所を移動することにしました。

ポートアイランド付近でタチウオ良型アジ追加

行先はポートアイランド、各堤防は渡船で渡った人でにぎわっています。

ポートアイランドの南東に位置するポートアイランド沖堤防は500mくらいの長さがあるので、人も多いですね。

その南東にミニ波止と呼ばれる100mの防波堤がありますが、ここにもかなりの人が上陸しています。

ミニ波止
ミニ波止

今まで知らなかった世界、釣り好きは思っていたよりもたくさんいることが分かりました。

神戸空港との連絡橋をさらに西へ行ってみたのですが、魚探の反応うすくポートアイランド沖堤防の北側に場所を移動しました。

魚探の反応はすごくよく、鳴りっぱなしです。でもその魚たちの正体がわからない。

私の予想はマイワシマアジ

たしか、ポートアイランド北公園で大きいアジが釣れているとの情報を聞いていたので、エサはありませんが、サビキ仕掛けの先に6号のオモリをつけて投げてみました。

1投目で良い手ごたえあり、18mの海底から仕掛けを引き上げるとついていたのはマアジ。23cmでした。

好機到来!とばかりに続けて仕掛けを投入するも、あたりはその1回のみでした。(^^♪アミエビを持ってきておけばよかったと後悔。

先輩のあたりはなく、14時を過ぎてしまいました。せっかくジェットの釣りに誘ってくれた先輩、そろそろなんか釣れてくれないかと心配していました。

釣り人2

この場所をあきらめて移動しよう

と先輩が言ったその2秒後にあたりがありました。

釣り人2

来た!

内心ホッとした、なんせ釣り始めて3時間なにも釣れてなかったのだから...

ロッドを曲げながら引きを楽しむ先輩。

やっと釣れたタチウオ
やっと釣れたタチウオ

おめでとうございます。これも70㎝近いサイズでした。

喜びも長い間は続きません。この後あたりがなくなり、再び六甲アイランド沖に移動しました。

最後は先輩渾身のミニタチウオ追加

第7堤防の灯台の南300mくらいのところで30分だけ釣ることにしました。

先輩もだいぶ釣り方に慣れてきたようで、ボート上から20mから30mほど投げ、メタルジグをしゃくりながら足元まで寄せています。

絶対2本目追加という気迫を感じながら、私もとりあえず何か釣れないものかとジグパラSLOWで探っていました。

15分くらい経過、ボートが東へ200mほど流されたところで、先輩にヒット!

しかし、手ごたえはあまりないようです。それもそのはず、指2本、50cmほどのミニタチウオでした。

その時点で15時、予定通り納竿といたしました。

帰路、西宮浜と御前浜の間が渡御祭(とぎょさい) なるお祭りで封鎖されており、南芦屋浜と西宮浜の間をとおって、西宮ケーソン経由でマリーナに戻りました。

各地の波止、堤防はかなりの人、それもタチウオ狙い。

10月末まで各地賑わいそうです。

ジェットボート釣行で感じたこと

やはりなんといってもその機動力、小回りがきいて魚探で魚を探しながらの釣りはとても楽しい。

ほとんどずっと魚の反応でピッピッピッピッピッピッとなっていた音が、今でもフラッシュバックされる。

改善点はやはりスペースが狭いので、魚の取り込みに短い柄の網があったほうが良いかも。

抜きあげできる魚でも、ボート上のどこに着地させるのか難しい。

ロッドは2.4mのエギングロッド、シマノセフィアBBで十分取り回しできたし、アンダーでのスローでかるく40~50mは投げられました。

あとはエサ釣りができれば、大きいマアジも釣れたかもしれないです。たくさん回遊しているように思えましたので。

ジェットボート釣りに誘っていただいた先輩に感謝です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次