\ ポイント最大11倍! /

PEラインのウキ釣りでエビ撒き、やる気スイッチON!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ

PEラインでエビ巻きウキ釣り

いつものように弟から釣果が送られてきました。この寒い時期に、マダイ、コプダイ、ウマヅラハギ。しかもマダイは50cm、コブダイ40cm、ウマズラハギも40cm手前の大きさ、とっても素晴らしい釣果です。実家に電話すると、刺し身がとっても美味しかったと言ってました。

目次

対抗するにはハネか

フカセで釣ったらしいので、ウキが沈んで合わせたときは、さぞかし楽しかったことでしょう。

私も去年のGWに同じ場所で釣りましたが、50cmはあるだろうコブダイの引きを楽しみました。

結果的にはタモ入れでのがしたのですが...

この釣果を見てここ1か月寒さのためにOFFのままだった、やる気スイッチがONされました。

弟の釣果に匹敵する成果を上げるのは難易度高いですが、近場の大物ハネ狙いなら可能性があります。

もっとも、キャッチ&リリースです。

回遊魚ならまだしも居つきの魚は、自分はちょっと食べる気にはなれないので...

しかし、自分が今までに釣ったスズキ系の大きさは30cmにも達していません。

今の時期は水温が低下していて、ちょっと前まで好調だった尼崎魚つり公園でさえ海面下5ヒロのベタ底付近に魚たちはいるようです。

写真のような杓でシラサエビを上撒きするのでは難しそうです。

底撒きボールで1回1回シラサエビを海底まで落として放出する方法もありますが、けっこう面倒です。

シラサエビの底撒きボール
シラサエビの底撒きボール
第一精工
¥1,374 (2024/05/15 18:21時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

やはりフカセでチヌ狙いか

こちらもなかなか難しいそうですが、エサのオキアミ+集魚剤を撒くこと自体楽しいので、自分はこちらが向いていると思っています。

が、こちらも南芦屋浜では大物を釣ったことがありません。

そういえば、道具もいろいろガタがきています。バッカンの持ち手ところも壊れています。

ナイロンライン用のリールも壊れているし...

ウキも無いな~。

PEラインを巻いたリールならある。底ねらいならゼロ号のウキでもいいか?

PEラインを使ったウキ釣りに挑戦しよう

そういえば、先日取りだめた釣り番組を見ていると、チヌ釣り名人の大地昭さんがPEラインでフカセをされてました。

仕掛けはナイロンラインをそのままPEラインの0.8号に置き換えただけのものでした。

他のプロの方の仕掛けを調べてみましたが、いろいろなパターンがありました。

PEラインの先にショックリーダーを10mほど結び、その先にハリスを結ぶ方法。ウキはショックリーダーの間を上下します。

同じようにショックリーダーは結びますが、短めでウキはリーダーの上のPEラインを上下させるもの。

そもそもPEラインのメリットはナイロンラインに比べ細く、水の抵抗を受けないところなので、PEラインより太いショックリーダーを長くして結ぶのは自分の中では不採用です。

チヌ、ハネの急激な引きに対して耐えられるのかですが、5.4mの磯竿を使うので、しなりも大きくきっと吸収してくれると思います。

メリットは他にもあり、遠投もできますし、魚のあたりがダイレクトに伝わってくるので、口をあまり使わない今の時期でも小さなあたりをとらえることができます。

ちっとやってみる価値はありそうです。

もっと詳しく検討すべき課題はあると思うので、あと2日間考えることとして、とりあえず今週の土曜日に試すつもりです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次