ドコモ光契約中のドコモ主回線のみ解約のMNP予約番号取得に1時間

通信料金

昨日ついに、21年間利用してた携帯電話の契約をドコモから楽天モバイルへ切り替えました。

切り替えた理由は、パケット通信料金が他社に比べて高すぎることと料金体系が不明瞭な点が大きいです。

でも、ドコモを利用している我が家の3名のうち、主回線の私だけの離脱。

ちょっと手続きが面倒だったので、備忘録として残しておこうと思います。

で、なぜ私だけ離脱?2年縛りから解放されたので。

スポンサーリンク

我が家の通信事情

我が家で使っている通信は主に3つ。

スマホ・携帯電話、インターネット、固定電話。

スマホはドコモとauですが、長女のauは学校指定のものらしく、学費から引かれています。

au以外はすべてドコモ。

インターネット+固定電話はドコモ光です。

奥さんと私は5ギガバイトのパケットをシェア(シェアパック)して使ってました。

 

【2018年9月の内訳】

○自分のスマホ

◇合計 7,716円

基本使用料(計)1,700円
通話料・通信料(計)63円
パケット定額料等(計)4,900円
その他ご利用料金等(計)482円
消費税等相当額(計)571円

○奥さんのスマホ

◇合計 4,816円

基本使用料(計)1,700円
通話料・通信料(計)207円
パケット定額料等(計)500円
その他ご利用料金等(計)-241円
端末等代金分割支払金2,395円(※)
消費税等相当額(計)255円

○小学生の娘のキッズ携帯

◇合計 901円

基本使用料(計)743円
通話料・通信料(計)110円
その他ご利用料金等(計)-18円
消費税等相当額(計)66円

 

○ドコモ光(電話とインターネット)

◇合計 5,328円

基本使用料(計)4,500円
通話料・通信料(計)32円
その他ご利用料金等(計)402円
消費税等相当額(計)394円

総額19,083円になりますが、純粋な通信費を出すには奥さんの端末等代金分割支払金(※)を合計から引きます。

純粋な通信費の合計は

16,688円

です。

キッズ携帯がネック

全般的に通信費を抑えようと考えていましたが、キッズ携帯がネックとなりました。

小学校の指定で、携帯電話は不要な機能がついていないキッズ携帯を使わなければなりません。

キッズ携帯は親が同じ電話会社で契約してないと加入できないルールになっているようで、単独では継続できなさそうです。

この理由で今回は、ドコモの契約期限が切れる私の端末を解約し、楽天モバイルに切り替えることにしました。

キッズ携帯は小学校卒業した時点で解約予定なので、ドコモとのおつきあいは後1年半くらいです。

ドコモ光のペア回線の場合MNPはかなり大変

楽天モバイルに切り替えるにあたり、MNP(Mobile Number Portability)の予約番号を取得するのが、手続きが複雑で大変であるということを知りませんでした。

ネットを調べるとMNPはすぐ手続きができるという記事を見かけます。

私もそれを信じてドコモの155に電話してみましたが、オペレーターのいうがままに手続きを進められました。

手続き開始から終了まで、1時間ちょっとかかりました。

ざっと経緯を書き出してみます。

最初はドコモショップでMNPを含め、解約手続きをしようと思い、ドコモのマイショップに連絡するとまずはMNPを取得してくださいとのことだったので、155で発信、ドコモのお客様サービスセンターに問い合わせました。

一番目のオペレーターからは、楽天モバイルへの番号移転にあたり、簡単なアンケートを受けました。

その後、主回線を奥さんの電話番号に変更する必要があり、契約プランの変更とか、来月に請求される金額など説明がありました。

その中で、一番面倒だったのがペア回線の解約でした。

ペア回線の解約がなぜ必要?

ドコモ回線の解約電話番号は私ですが、奥さんや娘の電話の契約の名義は私です。

なぜペア回線の解約が必要なのか?

そもそもいきなりペア回線がと言われても、ペア回線自体何だったか覚えていません。

この辺り、ドコモの契約が非常にややこしいところで、チンプンカンプンの用語がたくさん出てきます。

そもそも、オペレーターの皆さんのように毎日ドコモ用語を使ってない人に対して配慮が全く感じられません。

かなり疑問に思いながら話を聞いて、ドコモ光の担当に引き継がれることになりましたが、担当者が変わるまで時間がかかるそうで、いったん電話を切られました。

待つこと30分、ドコモ光の担当者の方に代わりました。

その方は解約は必要でないですとのことでした。

一番目のオペレーターは解約手続きをしていましたが、ドコモ光の担当者の方が解約ではなく名義変更で大丈夫とのことでそのように対応してくださいました。

この時点で一番目のドコモオペレーターに対する不信感が...

確か、クレジット支払いも解除する必要があると言ってたし、カケホーダイライトプランにしないといけないと言っていました?

再度、ドコモ光の担当者の方から、二番目のドコモのオペレーターに代わり、5分ほどでMNP予約番号を発行していただくことができました。

二番目の方には普通に対応してもらいましたが、一番目のオペレーターはやはりおかしい?

ドコモショップへ行って契約内容の確認

夕方からドコモショップを予約していたのでショップに行くと、いつも通りご丁寧な対応です。

いつもながら恐縮してしまいます。

今回は私だけの解約手続きです。

オペレーターのお姉さんは、1年前にインターネットの契約変更時に担当していただいた方でした。

前回と同じくテキパキと仕事をこなします。

こちらの疑問である3点の確認をしました。

1.クレジットの引き落としを継続できないのか?

2.ドコモ光のペアプランは主端末の変更手続きで間違いないか?

3.奥さんのプランをカケホーダイライトプランにしないとだめなのか?

順番にドコモショップのオペレーターのお姉さんに質問しながら確認していただきました。

時間にしておよそ30分。

1.クレジットの引き落としは継続可。何も問題なく今まで通りです。

2.ペアプランは主端末の変更で可。

3.カケホーダイライトプランにする必要なし。シンプルプラン+データパックで可でした。

やはり対面でのやり取りのほうが安心しますね。

そのほかの説明で、ドコモ光の固定電話とインターネットのへの割引が少なくなることの説明がありました。

デメリットも説明していただけるので、安心しました。

ドコモ光契約中のドコモ主回線のみ解約のMNP予約番号取得に1時間のまとめ

いろいろなサイトで、MNP予約番号取得は15分ほどだと言われていますが、ドコモの主回線がドコモ光のペア回線になっていて、契約手続きがかなり複雑でした。

ドコモ担当者→ドコモ光担当者→ドコモ担当者と引き継がれ、取得まで1時間くらいかかり、かつ、契約の変更に疑問点が残りました。

結局ドコモショップへ行っておかしいと思った手続きの再確認と、修正をしていただきました。

MNP予約番号の取得を含めて、ドコモショップだけで手続きしたほうが早かったのではないかと思います。

そもそもドコモの契約内容は普通の人では理解できないくらい複雑になっているので、やはりシンプルな内容の携帯会社へ変わるべきだと個人的には思った次第です。

今までのドコモ通信料金が楽天モバイルにしたことで、現時点での16,688円の通信料金が13,000円くらいに減る見込みですが、割引プランの変更などあり、最終的にいくらになるのかわからないので、2月くらい様子を見てどれくらい料金が下がったか報告したいと思います。

しかし、予想以上に大変でした。

コメント