3万円も安くなったインズウェブ自動車保険一括見積で!

自動車保険

ソニー損保からのメールが届き、今年も自動車保険更新の日が近づいてきたのに気づきました。

見積もりの書類も郵送されて内容を確認してびっくり!

去年と同じ条件で車の価値も下がっているのに見積額がほとんどかわらない。

今までは、他社をしらべて比べるのがめんどくさくて、泣き寝入りしていましたが、娘の塾代も高くなってきたし、ここは節約を考えねば。

でも、自動車保険会社なんて数えきれないくらいあるし...

自動車保険の比較、あ~めんどくせ~!

と思っていたところ、良いサービスを発見してしまいました。

スポンサーリンク

保険の窓口インズウェブとは

世の中にはちゃんとこのめんどくささを解決してくれるサービスがあるのです。

このインズウェブはSBIホールディングスが運営する自動車保険の比較サービスです。

インズウェブのホームページで内容を確認するとこんな感じでした。

インターネットを通じて、最短5分、1回の情報入力で複数社へ自動車保険見積もりを一括請求できるサービスを提供しているサイトです。自動車保険の見直しや新規加入を検討されているお客さまが、簡単に自動車保険の見積もり内容を比較検討できるよう、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

なるほど、更にお客様のメリットが書かれていました。

1. 保険の窓口インズウェブのサービスは無料です。
2. サービスご利用後、一部の保険会社からはその場で保険料試算結果一覧(リアルタイム試算結果)が参照できます。
3. 自動車保険の見積もり内容、事故サービス対応等、サイト上で簡単に比較検討できます。

そうですよね、いろいろな保険の条件にたいして無料で自動車保険の比較ができないと。

自動車保険一括見積もり請求サービス参加会社も、有名どころがラインナップされていて安心できそうです。

  1. アクサ損害保険株式会社
  2. イーデザイン損害保険株式会社
  3. セコム損害保険株式会社
  4. ソニー損害保険株式会社
  5. チューリッヒ保険会社
  6. 三井ダイレクト損害保険株式会社
  7. そんぽ24損害保険株式会社
  8. SBI損害保険株式会社
  9. セゾン自動車火災保険株式会社
  10. Chubb損害保険株式会社
  11. あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  12. 楽天損害保険株式会社
  13. 共栄火災海上保険株式会社
  14. 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  15. 東京海上日動火災保険株式会社
  16. 日新火災海上保険株式会社
  17. 三井住友海上火災保険株式会社
  18. AIG損害保険株式会社
  19. 株式会社リロケーション・インターナショナル
  20. 株式会社シースタイル
  21. 株式会社福島銀行
  22. 神奈川県民共済生活協同組合
  23. Life&Style株式会社

全23社(2018/07/29現在)、我が家で問題のソニー損保も入ってますね。

SBI損保も中に含まれています。

これは他社と比較して自分のところが優れているという自信なんでしょうかね~。

で、さっそく試してみたわけです。

登録は簡単そうだったのでやってみた

奥さんは個人情報が拡散するのでいやだというタイプなのですが、私はすぐにやってみる派。

早々インズウェブのサイトを開いて必要な情報を入力していきました。

入り口はこんな画面です。

この画面の一括見積もりスタートから始めます。

まずは車の情報から入力

車検証か、去年契約した保険の今年の見積もりを手元に置いておくと便利です。

初回登録年月、車名、型式を登録していきます。

 

保険の加入情報と使用状況など入力していきます。

我が家はほとんどレジャー目的、平日は娘たちを少しだけ離れた駅に迎えに行ったりしています。

距離がどんなものかわからないときなど、⇒悩まれている方を選ぶとヘルプ画面が開かれ、詳しく説明してくれますよ。

現契約情報

契約中の車の情報の入力です。

車の運転をはじめてから早うん十年、等級はMAXの20等級です。

 保険を使ったか、事故は無かったのかなどの質問に答えます。

運転者の個人情報入力です

氏名、年齢、家族の情報など個人の情報を入力してきます。

プライバシーマークを取得されている会社なので安心ですね。

去年も安全運転、事故なし、違反なし、ゴールド継続中です。

運転者ではなく契約者の情報

ちょっと紛らわしいですが、運転者の情報ではなく、契約者の情報を入力します。

運転者は、自分以外も登録します。

例えば、奥さんも運転するなら奥さんも登録しますよ。

ここは契約者、今回なら自分の情報の入力です。

住所、持ち家など、他の保険契約につなげるために、いろいろな情報を集めているようです。

どんな保険内容にしたいのかを決めます

去年の契約内容とあまり変わりないと思いますので、前に入っていた保険の更新案内があると便利です。

対人、対物は無制限、人身傷害補償金額など入力します。

私の車は古いので自動ブレーキシステムは搭載していません。

バイクも乗らないので特約はなし。

運転する人は私と奥さんなので、本人+配偶者を補償を選びました。

保険会社もしくは代理店からのアドバイスを希望しますか?希望するにしてみました。

そこそこメールが届きますよ。

中にはお得情報も含まれているので、興味があれば登録ですね。

見積もりをGETしてみましょう

これで準備完了です。

必要な情報が手元にあれば、5分くらいで登録完了します。

見積もりをGET→をクリックしてみてくださいね。

次は驚きの結果ですよ。

今までなんやったん?こんなに安くなるなんて!

見積もりをGETボタンを押して数秒でメールが届き始めました。

年払保険料が1万円台?

え~!うそやろ~!

メールでのインパクトが強すぎて、メーラーを見ていましたが、ちゃんと見積もり結果がWEB上で見ることができました。

リアルタイム保険料試算結果画面には驚きの結果オンパレードです。

私の場合、6社の比較結果が提示されましたよ。

ソニー損保から送られてきた保険料が5万円弱。

衝撃のプライスダウンはこちら!

イーデザイン損保

土屋太鳳さんがCMをしている東京海上グループイーデザイン損保

安い、ソニー損保の見積もりの半額以下やん!

 

アクサダイレクト

イケメン岡田将生さんがCMをしているアクサダイレクトは2万円きったで~!

おとなの自動車保険

香川照之さんと平井理央さんの東大、慶応コンビのCMでおなじみ、セゾン自動車火災保険です。

おとなのがつくと、ちょっと落ち着いた中年以上を対象にした保険のように思えますね。

さらにプライスダウンです。

三井ダイレクト

え~1.5万円切りました、これでもか!って感じです。

こちらは本田翼さんのCMでこころが和みますね~。

このプライス、我が家の家計も和ませてくれます。

チューリッヒ

ハロ~チューリッヒ

外資系の自動車保険、CMは石丸幹二さんと松木里菜さん。

東京芸大出身の元劇団四季の俳優さん起用は、奥様方の注目を浴びますね。

これでもかの、1.3万円台突入!

大取はやはりSBI損保

ちょっと前まで地味なCMでしたが、最近こじるり(小島瑠璃子)さんを起用して知名度アップか?

正直今までまったく眼中に入っていませんでしたが、これは衝撃的です。

でもなんかおかしい、こんなにソニー損保と値段が違うわけない!

 

やはり高かったソニー損保

どう考えても5万円は高すぎる。

松本白鸚(幸四郎)さんと内田有紀さんでおなじみのソニー損保の見積もりを、もう一度、ネットで取り直してみました。

残念ながら、結果は2.6万円くらい。

やはりSBI損保との勝負は歴然、倍の値段でした。

インズウェブ自動車保険一括見積のまとめ

ソニー損保から送られてきた書類の見積額はちょっと参考にならないので、ネットで見積もったソニー損保の金額と、インズウェブ一括見積した結果を表にまとめました。

BeforeAfter
ソニー損保25,950円
イーデザイン損保23,610円
アクサダイレクト19,870円
おとなの自動車保険19,360円
三井ダイレクト14,790円
チューリッヒ13,390円
SBI損保12,630円

ソニー損保SBI損保との差はなんと

13,320円

公文の小学生の会費、6,480円の2か月分が節約できます。

恐るべしインズウェブ

今年はSBI損保で契約しようと思います。

 

自動車保険は比較で安くなる!


12,630円でSBIと契約!

サービス内容ももう一度確認し、自動車の故障発生時の対応も問題なさそうなので、2018/08/06契約しました。

見積もり通り

12,630円!

こんなに安く保険料を抑えられるなんて!

今後他の保険見直しも調査していきます。

調査結果は随時ブログにアップしたいと思います。

 

 

 

コメント