HUAWEI T3 10 メモリ増設

エレクトロニクス

届きました。

サムソンのマイクロSDカード。

タブレット端末、HUAWEI T3 10 WiFiモデルのメモリが16GBしかなかった。

追加できるメモリを探していると安かったので買いました。

これでアマゾンプライムのビデオをダウンロードするメモリを確保できそうです。

スポンサーリンク

メモリは専用のピンでソケットを取り出します

危うく箱とともに捨てるところを、娘が拾ってくれてました。

ずっと何をするもの理解できていなかったのですが、マイクロSDメモリを挿入するところのそソケットを取り出すのに使うピンでした。

箱の内部に左上の部分にひっかけられていました。

メモリはタブレットの充電用ソケットの左に空いている直径1mmほどの穴です。

ここにピンを刺すとSDカード収納用のソケットが出てきます。

後はメモリを形通りにはめ込み、本体に挿入すると自動でメモリが認識されます。

 

ドクターXを16本ダウンロードで3GB

エピソード1、2を見逃していた米倉涼子さんのドクターX。

アマゾンプライムで一挙に16本ダウンロードしました。

タブレット端末本体に空きが数GBしかありませんでしたが、SDカードを追加したために十分。

3GB分消費しましたがあと29GB近く残ってます。

本体のメモリが少ないので、インストールできるアプリの本数も少ないので、私のHUAWEI T3 10 WiFiモデルではSDカードの容量は32GBで十分だと思いました。

もう1つ上のHUAWEI T3 10 LTEモデルは、本体メモリが32GBあるので、SDカードの追加も不要だったかもしれません。

価格もちょっと高いだけなので...

ちょっとだけ後悔か?

まとめ

増設のマイクロSDカードの容量は、自分のライフスタイルに合わせて写真をいっぱい撮る人、ビデオをたくさん見る人などは64GBや128GBなど大容量を買ったほうが良いですね。

500Mピクセルの本体附属のカメラで撮影すると3~4MBの画像ファイルができるので、32GBだと8000枚。

アマゾンプライムのドクターX高画質が1本分で400MB弱。

80本分ダウンロードできます。

私にとっては十分ですが、皆さんはもっとヘビーな使い方をされますかね?

 

コメント