石垣島旅行 白保の宿に感動

今年も石垣島に奥さん、長女、次女の女子3人と家族旅行です。

神戸空港から那覇を経由して石垣島に到着したのが12時過ぎでした。

毎回、昼食をどうしようかと悩みますが、結局ここにやってきます。

舟蔵の里

いつもきれいな南国の花で出迎えていただきます。

毎回ほぼ同じメニュー。

そーきそば、八重山(やいやま)そば、ブラックジューシー

ご存知の方も多いかと思いますが、ジューシーは沖縄風の炊き込みご飯です。

それにイカスミを入れるとカツオ出汁の旨味が倍増し、なんとも言えない絶妙のおいしさです。

このメニューは舟蔵の里の社長さんに教えていただきました。

器もきれいな石垣島の工芸品を使っていて、とっても落ち着いた雰囲気が味わえるお勧めの場所です。

買い物は地元の食材にかぎる

石垣島では1件屋を借りての自炊生活。

昼食後、宿にたどり着く前に地元の食材を買い出しに行きます。

まずは、ゆらてぃく市場(JA石垣島)。

ここには石垣島の農家の方々が持ち寄ったフルーツや野菜を、生産者が各自で値段を付けて売っています。

なので、よ~く見ると格安のものがあったりします。

初日はパイナップルのハワイ種300円とちょっと頑張ってマンゴー600円を購入。

ちなみに、パイナップルは少し小さいですが、最安値50円です。

黄色くなって少しオレンジがかった完熟のものを買いましょう。

2件目は沖縄を拠点に小売店舗 66店舗、外食レストラン 14店舗、ホテルペンション 1店舗を展開するサンエーさん。

ここはよ~くお世話になります。

タマンミーバイグルクンミミジャーなど売られてました。

でも買ったのはマグロの刺身。

とっても安いです、関西の半値くらい??

そのほか、モズク、ゆし豆腐、アーサ汁のもと。

買い出しを終えて白保の宿へ直行!

改築した古民家最高

宿は白保の古民家をリニューアルしたところ。

古い外観ですが中はピッカピカ、新しい畳、柱、食洗器もついていたので自炊するのにはかなり便利なところです。

裏にはにはバナナも植えられてました。

食べてもいいよ~と言われましたが、あいにくまだ熟してなかったので食べられませんでした。

残念。

ここはナイナイの岡村さんがロケで訪れたところでもあります。

もったいないので、宿の名前は伏せておきます。

本命の釣行第1日目は白保海岸で小物釣り

 

と~っても美しい砂浜です。

白い砂のように見えるのは砂ではなくサンゴです。

水深は30mくらい先までひざ下くらいで、魚もほとんど見当たりません。

去年はスプーンに12cmくらいの魚が食いついてきましたが、今年はまったく反応なし。

【釣行記】石垣島
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
釣り具ランキング
Amazonアソシエイトについて
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
しーちゃんをフォローする
素人おやじの釣りバカ日誌 第2版
タイトルとURLをコピーしました