2017-01

【釣行記】大崎上島

エギンガーから送られたコウイカの写真にうずうず

釣り方もシンプルでご覧のように水深が深いところに落とすため、オモリをぶら下げています。 これがコツをつかめていない素人には難しく、正月にこっそり見様見真似でやってみましたがまったくあたりすらありませんでした。 別称スミイカと呼ばれるくらい墨を大量にはくので、注意してないと服が真っ黒になります。
【釣行記】大崎上島

2017正月 フカセ釣り道端でウマズラハギを釣る

正月2日目、楽しかった帰省も最後の日、余ったフカセのエサを使い切ろうと思い、応答とが去年の夏に90cmのダツを釣った潮がぶつかる道端のポイントへ行ってみた。 時間は限定1時間、大物を期待しての最後の釣りです。
【釣行記】大崎上島

2017正月 ウマヅラハギを胴突きで狙う

カワハギポイントにオキアミ、チヌパワーカワハギポイントにオキアミ、チヌパワー、粗挽きサナギ、チヌ用の集魚剤を混ぜて大量にばら撒くと、15分くらいたったあとから水面下に泳いでいるのが見えてきました。 エサはオキアミLサイズ、ウキに反応なくエサだけ消えていきます。 ターゲットは忍者のごとく忍びより、エサだけ取っていきました。 というかエサを喰っているのが見えてますが、ハリに掛かってくれないし、合わせることもできません。、粗挽きサナギ、チヌ用の集魚剤を混ぜて大量にばら撒くと、15分くらいたったあとから水面下に泳いでいるのが見えてきました。 エサはオキアミLサイズ、ウキに反応なくエサだけ消えていきます。
【釣行記】大崎上島

2017正月 初日の出は胴突きでカワハギ

胴突き仕掛けの2本バリにマムシをエサにして、底をたたく様にポンピングさせながら、時には動きを止め、あたりを待つこと10分程でハリ掛かりした。 シーバス用のルアーマチック柔らかめの先端が叩かれ、お目当てのカワハギであることがなんとなくわかった。
スポンサーリンク