【釣行記】石垣島

【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 伊野田漁港イカソーメンの怪

後半はエサ釣りも加えての両面作戦とした。 調子づいてきたイカソーメンをエサに、チヌバリ3号、ハリス3号にし、ゼロ号ウキでゆっくりエサを沈めることにした。 遠投磯竿4号を置き竿にし、とりあえずルアーもミノーに替えてひたすら海面直下を引いていた。 置き竿には反応がないので、エサを確認するためにリールを巻きあげるとエサがないことに気づいた。
【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 石垣港イカソーメンでフエフキ

仕掛けを投入して2投目、まさか釣れるとは思ってなかったが、いきなりウキがもぞもぞしている。 若干沈んだところで竿を立てると4号遠投カゴ用の竿でやっとわかるくらいの小さい手ごたえ。 魚の名前については自信がないが、タマン(ハマフエフキ)の幼魚だと思う。
【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 伊野田漁港で釣れたのはイトヒキヒイラギ

あわよくば夕飯のおかずでも釣れればと思い、二人とも淡い期待を抱きながら白保から20分弱車を走らせ漁港へ到着。 セフィアBBと4号遠投カゴ竿しか持って行ってなかったので、エギングロッドはオモリとハリだけでシンプルに脈釣り、エサはイカの刺身。 カゴ竿はゼロ号のウキを付け、イカの刺身を自然にフォールさせて喰わすことにした。 空いていたので、釣り場は海に向かって右側の堤防の一番先、歩いて5分ほど。
【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 白保での釣りはポツリ

石垣島には2017/8/8に到着。 初日は沖縄本島経由してきたので、出撃なし。 翌日8/9早朝に白保の宿を出た。 石垣島の夜明けは遅い、関西とは40分程時差がある。 5時ころはまだ真っ暗だが、竿を片手にヘッドライトをもって浜へ出かけることにした。
【釣行記】石垣島

2017年夏も石垣島で釣りしてきます

2016年の石垣は、旅行としてはとっても楽しい日々を過ごせたが、釣りはサッパリ。 まさかのボウズ。 敗因はエサ釣りをやめ、ルアーだけにしたことだと思ってます。 一昨年まではエサ釣りを中心にしていたので、小さいながら関西では見かけない魚達を釣ることができ楽しめることができたが、ルアーへの反応は冷たかった。
【釣行記】石垣島

石垣島旅行 伊野田漁港で大物なるか

夜明けは6時18分。 南西の波止で準備します。 ヘッドライトの明かりで愛用のシマノ ロッド ルアーマチック スピニング S80Lのガイドにラインを通します。 日が昇る前の5:50分頃、海面はざわついてます。 ベイトを追いかけ、いたるところで大きな魚がはねてます。
【釣行記】石垣島

石垣島旅行伊野田漁港でノーバイトでも天文台で楽しめる

ルアーを投げるとガーラ、ヤガラが追ってきますが最後は見切られヒットしません。 ここは大きなガーラが釣れる場所。 色々方向を変えて投げますが、大物には全く反応なしです。 タイムアップで切り上げ再び米原ビーチまで行きました。
【釣行記】石垣島

石垣島旅行 秘境鳩間島で釣り

最高の景色です。 でも、魚が釣れるかというと話は別です。 ビーチなので、人がいないところまで一人で移動し、色々ルアーを変えて試してみますがヒットなし。
【釣行記】石垣島

石垣島旅行 黒島、竹富のサンゴ

カスミアジのようです。 おそらく、80cmくらいだったと思います。 いつかは、釣ってみたい石垣でガーラと呼ばれる、ロウニンアジ、カスミアジ、ギンガメアジたちです。 朝、8:30からスタートして11:30頃黒島の近くでお昼です。
【釣行記】石垣島

石垣島旅行 白保の宿に感動

初日はパイナップルのハワイ種300円とちょっと頑張ってマンゴー600円を購入。 ちなみに、パイナップルは少し小さいですが、最安値50円です。 黄色くなって少しオレンジがかった完熟のものを買いましょう。 2件目は沖縄を拠点に小売店舗 66店舗、外食レストラン 14店舗、ホテルペンション 1店舗を展開するサンエーさん。
スポンサーリンク