2018夏の大崎上島釣行8月14日はチヌ

2018/08/14は朝5時ころから波止に出発。

波止には誰もいません。

磯竿にフカセ仕掛けは前日のそのままを使いました。

フカセのマキエの残りを使って開始です。

早朝一発目から大き目のホゴ

波止へ到着してすぐにマキエを打っていたかもしれません。

朝5:07でした。

1投目、エサを回収しようとリールを巻いたところ竿先に重みがあり、竿を立てるとぐっとしなりました。

まあまあ重いですが、あまり暴れません。

早朝一発目は型の良いホゴでした。

ホゴガシラ)にしては良いサイズで、25cm近くありました。

こいつはまあまあ高級品で、スーパーマーケットで大崎上島産のホゴが売られていましたが、20cmほどで572円だったので、私の釣ったのは800円くらいするのではないかな?

二発目もすぐでした。

3投目か4投目、仕掛けを少し移動させるとくらいついてきます。

いつものホゴのパターンです。

少し小さめで18cmほどでした。

しっかりオキアミを飲み込んでいます。

ちなみに、ホゴたちはバケツにくみ上げた海水の中で泳がせていると、お腹の中のエサを一部吐き出します。

今回はイワシのような小魚が出てきてました。

何が捕食されているのか、知っておくのは釣果を伸ばすコツだそうです。

ついに本命か?チヌ!

よく釣れます、楽しいです。

2匹目のホゴを釣って12分後の5:27にウキがスッ~っと沈みました。

すかさず合わせを入れると、竿がしなりました。

少しドラグが緩めだったのか、ジージーと鳴り始めたので、ドラグを締め5.3mの磯竿を立てると抵抗しながらも魚は海面にだんだん近づいてきます。

浮いてきたのは銀色。

少し小ぶりか?

でも、チヌじゃないか~!

タモ、タモ。

釣り座の左側に置いていたタモを持ち、波止の下に網を落としました。

チヌは完全に浮いています。

でも、網が着水しない。

届いてないやん~!

4.5mのタモでは中潮の干潮時、海面まで届かなかったのです。

ここは冷静に。

よく見ると30cmくらいか?

30cmくらいのウマズラハギはこの磯竿で抜きあげたことがあるので、たぶん大丈夫なはず。

ということで、竿を立てて抜きあげると楽勝でした。

ただ単に、タモ入れしてみたかっただけだったので...

ハリはキレイに上唇を貫通しています。

サイズを正確に測ってみると。

...

...

やはり30cm無かったですね~。

【釣行記】大崎上島
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
釣り具ランキング
Amazonアソシエイトについて
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
しーちゃんをフォローする
素人おやじの釣りバカ日誌 第2版

コメント

タイトルとURLをコピーしました