【釣行記】大崎上島

2018正月プレ釣行コウイカ狙うも

このコウイカ、スミイカとも呼ばれています。 頭のほうに立たないと思いっきりスミをはかれて真っ黒になるので注意が必要です。 ひととおりスミをはかせた後、胴にハサミを入れて中からスミ袋をつぶさないように取り出します。 後はタモに入れ海水につけてからよくスミを落とします。
【釣り方】ボート釣り

初ジェットボート釣りでタチウオGET

7防灯台へ着いた。 今週金曜日に四季の釣りで紹介されただけあり、渡船でたくさんの人が渡ってきている。 赤い灯台を南へ回り込むといきなり堤防からタチウオを上げている人を発見! いきなりテンションが上がるとともに、ジェットボートに取り付けられている魚探が鳴り始めた。 堤防の南150m付近の水深は18m、案外浅い。
【釣り方】ボート釣り

ジェットボートからの釣りを思案中

前回ジェットボートに乗せてもらったときに感じたのは、ジェットボートの上で仕掛けを作りエサを付けて釣るのは無理だということ。 少なくともボートに乗る前に釣れる状態まで準備しておいて、ボートに乗りこまなければほぼ何もできない。 となるとエサ釣りは難しそう。 メタルジグで底まで落として巻きあげを繰り返すような釣りが向いていそうに思う。
【メンテナンス】道具の修理色々

シリコンスプレー効果ありだが安物ガイドでラインブレーク

先日、KUREシリコンスプレーを吹きかけたPEライン0.6号をリーズナブルなロッドで使ってみたが、滑りはよく快調に使えた。 しかし思わぬ落とし穴があった。 釣りをしている最中にそれに気づいてしまったのだが、PEラインが今にも切れそうな最悪の事態。 悪くなった部分をカットしてラインをつないで使ってみたが、それは1か所だけではなかった。
【メンテナンス】道具の修理色々

最高!KURE シリコンスプレーでPEライン補強?

よくきくのはPEライン専用のスプレー。 こういうやつだ。 主成分はシリコンみたいだが、結構高い。 そこで皆さんどんなものを使われているのか探してみると、KURE シリコンスプレーを使われている方がいた。
【釣り方】サビング

ワームじゃなくてイカソーメンでサビング

先日神戸方面へ釣りに行ったとき、イカをソーメン状に刻みそれをエサにして投げてみた。 世の中ではサビングという言葉は認知されてないかもしれないが、アジングのようにワームでサバを釣ることをサビングということにしよう。 去年はワームでサバを釣ったが、今年はそのワームの代わりにイカソーメンで代用してみることにした。
【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 伊野田漁港イカソーメンの怪

後半はエサ釣りも加えての両面作戦とした。 調子づいてきたイカソーメンをエサに、チヌバリ3号、ハリス3号にし、ゼロ号ウキでゆっくりエサを沈めることにした。 遠投磯竿4号を置き竿にし、とりあえずルアーもミノーに替えてひたすら海面直下を引いていた。 置き竿には反応がないので、エサを確認するためにリールを巻きあげるとエサがないことに気づいた。
【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 石垣港イカソーメンでフエフキ

仕掛けを投入して2投目、まさか釣れるとは思ってなかったが、いきなりウキがもぞもぞしている。 若干沈んだところで竿を立てると4号遠投カゴ用の竿でやっとわかるくらいの小さい手ごたえ。 魚の名前については自信がないが、タマン(ハマフエフキ)の幼魚だと思う。
【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 伊野田漁港で釣れたのはイトヒキヒイラギ

あわよくば夕飯のおかずでも釣れればと思い、二人とも淡い期待を抱きながら白保から20分弱車を走らせ漁港へ到着。 セフィアBBと4号遠投カゴ竿しか持って行ってなかったので、エギングロッドはオモリとハリだけでシンプルに脈釣り、エサはイカの刺身。 カゴ竿はゼロ号のウキを付け、イカの刺身を自然にフォールさせて喰わすことにした。 空いていたので、釣り場は海に向かって右側の堤防の一番先、歩いて5分ほど。
【釣行記】石垣島

石垣島2017夏 白保での釣りはポツリ

石垣島には2017/8/8に到着。 初日は沖縄本島経由してきたので、出撃なし。 翌日8/9早朝に白保の宿を出た。 石垣島の夜明けは遅い、関西とは40分程時差がある。 5時ころはまだ真っ暗だが、竿を片手にヘッドライトをもって浜へ出かけることにした。
スポンサーリンク