2017GWはじまり阿万海岸海水浴場でガシラ釣り

この記事は約3分で読めます。

阿万海岸海水浴場

2017GWはじまり、今年も淡路島へタマネギの収穫体験に行った。 まあ、行ったのは奥さんと小学生の娘で、私は南あわじでの釣りを楽しむことにした。 前日も遅くまで仕事をしていたので、釣りエサは現地調達することに。
スポンサーリンク

エサは原口釣具店で

淡路島に向かう途中、なんと明石海峡大橋の分岐を通り過ぎてしまい、ロスタイムが発生したが、国立淡路青少年交流の家集合時間9時にぎりぎり間に合った。 奥さんと娘を送り出し、計画では目的地に行く前に立ち寄るはずだったエサやさんへ15分ほどかけて行った。 前日に調査済みの原口釣具店さんです。 場所は地図アプリで探せばすぐわかるので、店の雰囲気を紹介します。 28号線沿い、南に向かって左側に店の看板が木で少し見えにくいですがあります。
入り口にアオイソメなど虫エサの水槽がおいてました。
中に入ると釣り糸、チヌバリ、サビキ仕掛け、ルアーなど釣り道具一式揃ってます。 集魚剤、オキアミ、アミエビ、サシエなどすべて揃ってます。 予めエサを地元で買っていかなくても、南あわじで現地調達可だ。 ちなみに私はアオイソメを500円ほど買ったが、阪神間の店と量はあまり変わらなかった。

阿万海水浴場西波止でテトラ釣り

原口釣具店さんから南に15分で、去年も訪れた阿万海水浴場だ。
ちょっと遅めの10時前到着、すでに先客あり。 早朝から釣られていた人たちはすでに帰路につかれていた。
波止の周りには海藻がびっしり生えているのでウキ釣りが良さそうだが、準備してませんよ~。 前の晩に釣り許可が急遽でたので準備してなかった。
この海藻の横にテトラがあり、ロックフィッシュが狙えそうなので、愛用ルアーマチックS80LにPEライン0.6号を巻いたリール、根擦れ防止にリーダーとしてフロロ3.0号を1ヒロほど結んだ。 2号の丸い中通しオモリ、ハリはキツネバリ6号。 テトラの間にアオイソメを落とすと早々にヒット。
小さいガシラの登場だ!
つんつんと軽快にエサをつつくのはイソベラ
10回ほどテトラの隙間を探ったところで3匹目のガシラがかかった。 ここまでは順調、しかし大きいのがいない。 場所が荒れているのか?確かに人が入れ替わり立ち代わり、30分ほどの間に10人ほどこられた。
テトラのまわりも探ってみたがあたりなし。 サビキ、フカセの方々は釣果なしのようだった。
少し湾の奥の水路でキビレでもいないかと探るが、まったく反応なし。
1時間ほどであきらめ、ビーチ側で本命のキス狙いを始めた。

今年もキスは発見できず

ビーチは須磨海岸と同じく人工なのか?砂があるのでキスを期待し投げてみる。
去年もそうだったが反応はない。 奥さんが収集しているナミマガシワでも無いかと、歩きながら会を探すも見つからず。 ビーチにはすりガラスのような少し光が透過するような石が転がっていた。 こんな石あまり見たことが無いので、2,3個拾ってみた。
ビーチも30分ほどで切り上げ、車で移動し周辺の様子も見てみた。 砂浜はやはり天然ぽい、ビーチの周辺にもかなりの範囲にわたって砂が広がっている。 夏にはキスがやってきそうな場所だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました