ソーシャルディスタンスキープで

令和3年2月の小春日和アジュール舞子にてメバル狙い

この記事は約4分で読めます。

明石海峡大橋の眺めは最高

朝の平磯海づり公園で撃沈、期待を込めてのアジュール舞子です。ワンドの中なら激流も避けられるので、メバルサビキにきっと喰ってくるだろうとやってきました。メバルがだめならロックフィッシュねらいに切り替えますよ。その名もハイブリッド釣法。ルアーのフラッシングとエサの臭いにきっと喰いついてくるはず!

PVアクセスランキング にほんブログ村

アジュール舞子でメバル釣り開始

平磯海づり公園で撃沈しましたが、アジュール舞子なら1匹くらい釣れるんではないかと10:30にやってきました。流れの影響が少ないワンド内を探り歩き、なんとかメバルサビキで釣果を期待します。

釣りをしている人は少なめ?

人は少なめでしょうか?空いている場所は多いです。

まずはメバルサビキ、船用のメバルサビキをルアーマチックS80Lに合わせ短く切り、レグザに巻いたPEラインに結び付けます。メバルを釣るのにシーバスロッドですが、一応柔らかめのLを使いました。

隣の人の邪魔にならないようにまっすぐ前にキャストし、そこまで沈めて手前にゆっくり引いてきます。少しずつ場所を移動しながら、藻の周辺にいるであろうメバルを狙います。

ときどき、足元のスリットの際を狙って、陰に隠れているメバルを誘い出すイメージでメバルサビキをシェイクします。

徐々に人が増え始めましたが、空いているところを見つけメバルを探ります。

最高の景色

時々足元のスリットの中にほおりこんでみますが反応なし。

レンジもいろいろ変えてみました。

小春日和だというのに、メバルは日向ぼっこしないのか~!

・・・・

・・・

・・

だんだんテンションが下がっていきます。

明石海峡大橋の橋げた近くまで進みましたが反応なし。

根魚狙いに変更します。

次はエサ釣りとルアーのハイブリット釣法ですよ。

正海チャネルを見てやってみた

以前、釣り界の巨匠、村越正海さんの正海チャネルを見てぜひやってみたいと思った仕掛けです。

ゴロタでカサゴ
出展:正海チャネル

沖縄での釣り用に使ったスプーンが自宅にあったので、チヌバリを結んでビーズを2つつけ、エサは昨年末に釣れたサバの冷凍を使いました。食べるには少し小さい20cmちょっとのサバを冷凍しておくと、釣りに行きたいときにわざわざエサを買いに行かなくてよいのでおすすめです。

ハイブリッド釣法

もっとも、村越正海さんプロデュースの集魚戦隊 サバレンジャーなら常温保存できるので、もっと便利ですよね。

この仕掛けでちょっと投げて足元のスリットまで引いてきて魚を誘います。

西へ西へと進みます。雰囲気的になんとなくですが、釣れてないみたいな...

アジュール舞子の西側

11時頃に足元で何かが突っつくあたりがロッドの先に伝わってきました。弱いあたりですが何度も繰り返し伝わって来ます。

でも、食い込まないんです。たぶん小さい魚だと思います。針掛かりしません。

前回も喰ってきた場所に近い

これが、この日最初で最後の魚のあたりでした。

終盤は景色を楽しむ

西の端まで行き、折り返してからは数うちゃ当たるの信念で粘り強く探りました。

いつ見ても明石海峡大橋の景色は最高です。よくぞこんな巨大な構造物を作ったものだと感心しながら、少しづつ移動します。

だれが作ったんだっけ?

お昼前にワンドに戻ってくると、ファミリーが増えていました。

ウキサビキ仕掛けの方が多かったです。

またやってしまいました。10m以上の間隔はあったと思うのですが、正面に投げた私のラインにお隣のウキサビキ仕掛けがフワフワ流れてきたのに気づかず絡まりました。

ぽかぽか陽気なので釣り人多めか?

そろそろ潮時かな?

おなかも減ったし。

名残惜しいですが魚の気配を感じないので撤収します。

アジュール舞子のまとめ

何年も前から釣りをしていましたが、アジュール舞子が何なのか知りませんでした。

海水浴場だったんですね。しかもものすごく透明でものすごく水質がよいんですね。海峡を望む景色も最高ですね。

アジュール舞子のビーチ

この日もたくさんの方々が2月とは思えない小春日和を楽しんでました。

釣りじゃなくても一日のんびり過ごせそうなよいところです。

次回釣りに来るときは、ランチ持参でここで食べようかな~

帰り道、ちょこっと南芦屋浜へ寄るかっ!