広告 石垣島

西表島でウミガメとともに秘境の大自然を思う存分楽しむ2022

2022-08-17

PVアクセスランキング にほんブログ村

ウミガメってサンゴ食べてるのかと思った

西表島の西の端、きれいなサンゴが残っている貴重なエリア。熱帯の魚たちを観察しているところに、ウミガメが泳いできました。しかも3匹も。人が開発していない自然を楽しめたシュノーケリングのツアーでした。夜は、いつも行く船蔵の里で5年間ぶりにイカスミジューシーを食べ、唇を真っ黒にしながら八重山料理を満喫しました。

ユーグレナ石垣港から西表へ

知らないうちに名前が変わっていたユーグレナ石垣港離島ターミナルから出発です。

いつユーグレナがついたのか?

相変わらず、石垣島の英雄、具志堅さんの銅像は人気スポットでした。次から次へと並んで写真を撮ってましたよ。

具志堅さ~ん、ちょっちゅね
具志堅さ~ん、ちょっちゅね

石垣港から西表の上原港まで1時間ほど、離島ターミナルの中では大きめの船に乗り9時過ぎに西表島に上陸。

新しくてきれいな八重山観光フェリー
新しくてきれいな八重山観光フェリー

上原港からツアーの車に乗り込み、南へ20分ほどで白浜港へ到着。ちなみに、西側で車が行けるのはここまでだそうです。

ツアーの船に乗り込み、西表島の西側の海へ向かいました。

ヨットの上から

1つめのポイント、サンゴの環礁へ向かいました。

環礁の外側はサンゴがキレイだった

石垣島って、サンゴがきれいなイメージがありますが、陸からいけるところは半分以上白化しています。

サンゴが死んで砂浜で拾うような真っ白なサンゴになっているんです。それでも所々残っているので、楽しむことはできるのですが、西表島はまったく別物です。

ヨットには3グループ、わが家族はシュノーケリング、そのほかの方はシュノーケリング+素潜り、ダイビングと別れました。

ノコギリダイの群れ

写真はガイドのお姉さんに撮ってもらいました、きれいでしょ。

こんな写真も撮ってもらえてうれしい
こんな写真も撮ってもらえてうれしい

環礁の外側は少し深くなっていて、暗くてちょっと怖いんです。

深場にも魚たちがいました
深場にも魚たちがいました

大きいナポレオンフィッシュも発見しました。楽しい~!

お昼前にはゴムボートで無人のビーチへ連れて行ってもらいました。海水とは思えないですよね、透き通ってます。

透き通った海に、ニモもいました
透き通った海に、ニモもいました

最高の景色です。

ヨットって家一軒買えるくらいの価格だそうです
ヨットって家一軒買えるくらいの価格だそうです

昼食はヨットでおいしいカレーをいただきました。

チキンカレー、五目ライスとよく合う
チキンカレー、五目ライスとよく合う

泳いだ後にあったかいものを食べるのは最高です。

ウミガメを同時に3匹も見てしまった

昼食後、次のポイントへ移動。

ガイドのお姉さんからウミガメに会えるかもしれないと教えてもらい、海の中を探していると本当にいました。

ウミガメってサンゴの周りに生えている海藻を食べるんだって
ウミガメってサンゴの周りに生えている海藻を食べるんだって

しかも、周りを見渡すとさらに2匹、合計3匹が海の中をゆっくりと泳ぎ回っていました。

1匹のウミガメはサンゴを口で払いのけ、海藻らしきものを食べてました。最初見た時にはサンゴを食べているのかと思いましたが、ガイドのお姉さんにどういう行動をしているのか説明していただき、やっと謎が解けました。

ニモもたくさんいましたが、モヒカン刈りのようなセジロクマノミも特徴的で印象にのこりました。

セジロクマノミはモヒカンみたい
セジロクマノミはモヒカンみたい

浅瀬では青やエメラルド色のスズメダイたちが群れて幻想的でした。

数えられないほどたくさんのスズメダイたち
数えられないほどたくさんのスズメダイたち

実際に泳いでいる時間は4時間くらいだっと思いますが、海の中の世界を思う存分楽しむことができました。

帰路、トビウオが跳ねるのを見逃すまいと、疲れて眠たい目を無理やり開けながら船旅を満喫です。

後ろは東シナ海
後ろは東シナ海

白浜港へかえり、下船してから上原港へ送ってもらう途中、巷では、石垣島産パイナップル以上のうまさと言われている、西表島産パイナップルを2個買い、ツアーを終了しました。

お世話になったのはニライナホリデイズさん。社長のたかさんがとってもいい人でサービス満点。とても良い西表島のデイクルーズでした。

西表で聞いた豆知識

ガイドのお姉さんがいろいろ教えてくださいました。

その中で2点、印象に残ったお話。

1つ目は、イカ墨は自分で調達

石垣島のおいしい食べ物の1つがイカ墨ジューシー。

お姉さんにイカ墨の料理は食べないのかと尋ねると。

秋になったらイカ釣りのシーズンインで、自分で釣ったイカのスミでイカ墨スパゲティーとか作ります。

とおっしゃってました。

イカの群れも通り過ぎました
イカの群れも通り過ぎました

たしかに、自分で調達できるのならいいですね。

2つ目は、パイナップルのおいしい食べ方です。

パイナップルは冷やしたものを一度切って常温に戻し、再度冷やすと甘みが増すそうです。

お姉さんが、西表のパイナップル農家の方から聞いた方法だそうです。

実際にやってみると?!?

甘くなったような気がする。

船蔵の里でイカスミジューシー

今回は大人は会席、末娘は一品料理にしました。

お品書き、あかようら、我が家は酒類が苦手なので豆腐ようを昆布いりちーに変えてもらいました。

  • すぬる(もずく)
  • みみがー(豚のみみ)
  • 昆布いりちー
  • 地豆豆腐
  • らふてーと自野菜の煮物
  • 魚料理(グルクン唐揚げ)
  • 地魚造り(イカ、マグロ、?)
  • こーじゅーしー・汁物(我が家はイカスミジューシーに変更)
  • ちきむん(漬物)
今回は会席 あかようら
今回は会席 あかようら

すぬるをすすって食事開始。

みみがーのコリコリ感触がうまい。

らふてーは私の中ではお楽しみの一つ。豚の角煮よりもあっさりしているように思います。

グルクン?普通かな。骨までは食べられません。

しめはイカスミジューシー。普通のジューシーよりもコクがあり、うまみが凝縮されている。

味の濃さを中和させるのが、薄味だけどしっかりうまみがあるアーサー汁。この味は病みつきになります。

イカスミジューシーとアーサー汁
イカスミジューシーとアーサー汁

歌三線を聞きながら八重山料理を堪能しました。

石垣島へ行ったら、舟蔵の里に行ってみてください。

 

石垣島の青の洞窟編につづく。

関連記事

スポンサーリンク

最新の記事

西宮ケーソン

西宮ケーソンでハマチ狙い、タチウオはまだ2022年9月末

2022/9/30

平日なのに灯台付近は満員御礼 今期初の青物狙い。ハマチが釣れてくれないかと、平日午前中休暇をとり、西宮ケーソンへ5時前の暗い時間帯に入りましたが、灯台付近は満員御礼。第2コーナー付近で頑張ってみました ...

アジュール舞子

カワハギ10匹アジュール舞子と玉子焼き2022年9月下旬

2022/9/28

明石大橋を眺めながらカワハギ釣り 年中行事になりつつある、春分の日の連休、明石焼きとアジュール舞子。食べログ明石焼き部門No1のふなまちさんで7か月ぶりの玉子焼きを楽しみました。今年は多いと噂のカワハ ...

舞洲

舞洲サバ祭りメタルジグで30匹、ビッグヒットの正体は?2022秋分の日

2022/9/24

メタルジグにサバがダブルヒット 2022年、秋分の日の3連休。小型の台風が近づくあいにくの雨降り。こんな時は釣りをする人が少ないのでチャンスです。しかも釣り場のすぐそばに駐車場がある舞洲夢舞大橋の下。 ...

リール

20ストラディックSW 6000XGのリールカバー、リールスタンド選び

2022/9/18

失敗を恐れるなかれ 今年こそは青物のバラシをなくそうと、ショアジギング用の20ストラディックSW 6000XGを買いました。手持ち最大4000番リールより2回りほど大きく、ライン、リールカバー、リール ...

メンテナンス

スミスのロッドフェルールワックスでジョイントの摩耗防止

2022/9/16

ロッドの継ぎ目を保護 最近、3ピース、5ピースのマルチピースロッドをよく使っています。継ぎが多い分すっぽ抜けしないかどうか気になっていたところ、継ぎの隙間を調整しかつ継ぎ目を保護できるフェルールワック ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しーちゃん

釣り歴10年、ブログ歴9年、サラリーマンブロガーです。 阪神間の釣り場の情報や釣りのグッズなど、初心者向けに記事を書いています。旅行も好き、うまい物好き好きな平凡なおじさんです。 エックスサーバー 上で、最近WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」を使い始めました。
最近、参加している「にほんブログ村釣りブログ ランキング(PVポイント順)」でトップ10入りしています。よかったらポチっとしてくださいね
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
お気楽オヤジの雑記帳★ もよろしく!

おすすめ記事一覧

1

ぶっこみサビキ! 釣りの巨匠村越正海さんも使っていたぶっこみサビキ、沖に投げてほっておくだけで良型アジが釣れちゃいます。投げサビキのように煩わしいウキの仕掛けを作ることもなく、市販のセット仕掛けを結ぶ ...

2

おかっぱりのトローリングは釣れるのか 最近注目しているのが、おかっぱりの弓角を使ったライトトローリング。関東のサーフでは普通に使っているようですが、阪神間の波止では見かけたことはありません。神戸界隈で ...

3

21フリームス活動開始 ダイワの新素材ZAION Vを使いたくて買った21フリームスLT2500-XH。最新リールの特徴を同じくLTコンセプトの19レグザと比較してみました。今回ローターが軽いことがリ ...

4

ランガン必須のタモジョイント 釣り場でランディングネット、いわゆるタモ網を使っている人をよく見かけます。だいたいは釣りをしているところの近くに置いて、大きい魚が釣れたらするするとそのまま伸ばして使いま ...

5

かっちり高剛性ボディ 概要 2020年の1月にシーバスロッド ダイワ レイジー100MLを買い、それに合う新しいリールを探し始めました。結論としてダイワのレグザにたどり着き、買いたいと思いながらもネッ ...

6

ジギングサビキは自作できる! 不器用な私には難易度が高かったジギングサビキの自作、何とか形になりました。 ジギングサビキは買うものだと思ってましたが、それなりのものができました。コストも市販品より少し ...

-石垣島
-