めくりアジ攻略計画2018

【釣り方】

昨日、神戸港周辺で豆アジが釣れていたそうです。

それに混ざって20cmくらいのマアジも釣れていたそうです。

この時期、前の年に生まれたマアジが回遊しているそうです。

私も去年の6月には豆アジメインで皆さん釣られている中20cmを超えるマアジを釣り上げていました。

このマアジ、黄金の輝きで脂が乗っていて美味です。

神戸から明石では20~25cmサイズで脂が乗った黄金のマアジめくりアジと呼ぶそうです。

シーズンイン間近、めくりアジを陸から釣り上げるための攻略方法をおさらいしてみたいと思います。

スポンサーリンク

2017年6月の実績

2017/06/18 六甲の沖の島 20cm~22cmを5匹。

数年前から5月から6月にかけて、大阪湾では豆アジが回遊する中、大き目のマアジが回遊しているということを知っていたのですが、捕獲に成功したのは2017年が初めてです。

お腹の中もこの通り、奥のほうに脂肪が確認できます。

脂がのっているので、刺身で食べるのが一番おいしいです。

少し沖の底を釣る

釣り方は簡単、少し沖の底を釣りました。

ウキで釣ると底を取るのが難しく、ウキが流されて隣の人に絡んだりしないように、投げては回収の繰り返しなので向いていません。

底を取り仕掛けをまっすぐに立てて、サビキ仕掛けに上からエサのアミエビがじわじわと降り注ぐようにするために、ぶっこみサビキ仕掛けを使います。

イメージ的には下の絵のような感じです。

オモリは海底まで落とし、アミエビを付けたロケットカゴをシモリ玉で浮かせます。

ロケットカゴの窓を調整して、アミエビの放出量を調整します。

潮が流れている方向にアミエビが漂い、それにつられてめくりアジが寄ってきます。

アミエビとサビキ仕掛けの疑似餌を間違えてパクリ!

道糸を伝って、竿先に魚信が伝わってきます。

暴れまわるマアジの引きで竿先が曲がるので、後はリールを巻くだけ。

めくりアジたちが地上にあがってきますよ。

どちらかというと待ちの釣り

回遊している個体数が少ないので、仕掛けを投入するとエサが放出されるまでまち、あたりがなければ仕掛けを回収してエサを詰める。

当たりがなければ、ちょっと退屈な釣りになります。

去年釣れた時の状況です。

当日の天候は曇り、気温23℃くらい。

少し風はあるものの釣りに影響するような強風ではなくわりと穏やかな天候でした。

小潮で干潮は9時台で潮の干満差はすごく少なく潮が流れてなかった。

釣れた時間は以下のとおり。

釣れた時間釣れた数
5:302匹
6:201匹
8:502匹

このあと11時くらいまで釣ったと思いますが、めくりアジはゼロ匹でした。

かなり待ちの釣り

この間に、唐揚げ用の豆アジをたくさん釣っておくのが良いと思います。

めくりアジを狙う場所

試した場所はあまりありませんが、狙えそうな場所は人工島または波止の真下から15mから20m沖、構造物の土台になっている敷石が切れたところあたり。

 

潮は程よく流れてアミエビが拡散し、めくりアジが喰うのを待ちます。

その間は近くの豆アジを下カゴの普通のサビキ仕掛けで狙います。

ぶっこみサビキ釣りの道具一式

ぶっこみサビキ仕掛けは少し仕掛けが重くなるので、ちょっとだけ装備は大き目になります。

竿は遠投磯竿4号、4.5mくらいがちょうど良いと思います。

ラインはナイロン4号くらい。

シモリウキは7号から8号。

ロケットカゴ中。

サビキ仕掛けはハリが6号くらいが良いのですが、幹糸は太いものを選びましょう。

例えばこんなのです。

オモリは8号から10号。

アミエビはチューブタイプが詰めやすいですよ。

めくりアジ釣りの今年の予定

兵庫突堤や、神戸港周辺ではわりと大き目のマアジが釣れているようなので、めくりアジもすでに回遊しているのではないかと思います。

去年の実績からしても6月中旬6/17(土)か18(日)の中潮の時あたりに、自分は狙ってみたいと思っています。

もしからするとその前に行くかもしれません。

釣れ具合は随時おしらせする予定です。

今年も美味しい刺身が食べたいものです。

 

 

コメント