サビキ釣りの説明

みんな楽しいサビキ釣り

初心者はだいたいこの釣り方から始めます。

ごくごく初心者の方のために紹介してみます。

特徴

釣り場に行くと最も多い釣り方。

太い糸に木の枝のように針が結ばれていて、仕掛けの長さ1.5mくらいに5本か6本針が20cm間隔くらいに並んでいます。

針にはサバの皮や、ビング色の薄いゴムが巻かれていたりします。

この針にはエサをつけず、カゴから放出されたアミエビの煙幕の中に針を紛れ込ませ、アジが間違えてくわえたところを釣り上げます。

必要な道具

竿、リール、ナイロンライン3号、オモリ付きカゴ10号、サビキ仕掛け(ハリは6号 15cmのアジの場合)。

エサはアミエビ。カゴに詰めるためのスプーンは、使い捨てのプラスティックでも良いですし、割り箸でも代用できます。

釣った魚を持ち帰るのならクーラーボックス。

16リットルの容量で15cm前後のマアジなら100匹くらい入りますが、そこまで釣ると家に帰って処理するのが大変なので気をつけましょう。

アミエビが手についたり、魚を掴んだりするので手を洗うための、紐付きバケツが必要です。洗った手を拭くタオル。アジを素手で掴むので毎回1回はお腹の下あたりの棘が刺さります。針で刺したくらいの血が出ますので、魚つかみ(フィッシュグリップ)があった方がいいです。

アジは底を釣れ

アジは夏とは違い、秋になると海底近くを回遊します。

オモリを一旦底まで沈め、根掛かりしないように少しだけ巻き上げて釣るようにすると、釣果が上がるようです。

おすすめ記事一覧

1

ぶっこみサビキ! 釣りの巨匠村越正海さんも使っていたぶっこみサビキ、沖に投げてほっておくだけで良型アジが釣れちゃいます。投げサビキのように煩わしいウキの仕掛けを作ることもなく、市販のセット仕掛けを結ぶ ...

2

南芦屋浜ベランダ 阪神間の釣り場で知名度が高いところをあげると、まず出てくるのが南芦屋浜ベランダです。伊丹さんがMCをつとめるフィッシングマックスさんスポンサーのサンテレビ四季の釣りという番組も放映さ ...

3

ランガン必須のタモジョイント 釣り場でランディングネット、いわゆるタモ網を使っている人をよく見かけます。だいたいは釣りをしているところの近くに置いて、大きい魚が釣れたらするするとそのまま伸ばして使いま ...

4

アブガルシア いいね~ 約1カ月間いろいろ釣り用のバッグを調べていて、ブログにまとめている途中に思わずポチっとamazonで。 3日後に到着しました。 amazonでの取り扱いが2020/1/28から ...

5

かっちり高剛性ボディ 概要 2020年の1月にシーバスロッド ダイワ レイジー100MLを買い、それに合う新しいリールを探し始めました。結論としてダイワのレグザにたどり着き、買いたいと思いながらもネッ ...

6

ジギングサビキは自作できる! 不器用な私には難易度が高かったジギングサビキの自作、何とか形になりました。 ジギングサビキは買うものだと思ってましたが、それなりのものができました。コストも市販品より少し ...

7

メバリングそれともアジング? デザインの良さで買ったシマノ フリーゲーム。 実際にメバリングをやってみてロッドの張り、曲がり方、バッドの強さなど性能の良さを実感しました。振り出しモデルは仕舞寸短く、車 ...

2016-10-01