ロックフィッシュ用の短竿 その6 リールシート取り付け編

【DIY】自作

完成に近づいてきました。

今回はリールシートをグリップに固定するやり方です。

意外と簡単でした。

スポンサーリンク

準備するもの

リールシート(FUJI製)、グリップに固定する糸(お好みの色)、瞬間接着剤、ハサミ。

糸をグリップに固定するのに糸止め液などもあるようですが、瞬間接着剤で十分です。

また、エポキシでも代用可です。

短竿作るための素材
短いロックフィッシュ用の竿を自作するのに、釣り具の量販店に行ければよいのですが、中々忙しい、お店が遠いなどあると思うので、ネットで買えるものを紹介します。 ブランクス 楽天で購入できるものです。 長さ120cm、元径8~1...

ぐるぐるまき

まずはグリップの上にリールシートをのせ、位置を決めます。

位置はリールをのせたときに持ちやすいところにするのですが、使う人の感覚てきなものなのでお好きなところに決めればよいと思います。

グリップの端から中央に向かうようにぐるぐる巻いていきます。

巻き始めの糸は瞬間接着剤で少し止めてから作業をすると、途中で糸がずれずに旨く巻けます。

糸の止め方はYutubeなどで詳しく映像で解説されてますので、そちらを参考にするわかりやすいと思います。

“プレートシート取り付け”で検索してみてください。

特に巻き終わりの時の糸の処理の仕方を入念に見てください。

真ん中、もう一方の端もぐるぐる巻きにします。

なれれば10分ほどで出来上がります。

次回は最終工程のガイド取り付けです。

ロックフィッシュ用の短竿 最終回 ガイド編
いよいよ最終回。 ガイドを取り付けます。 準備するもの ミニクロガイド、 中身には7個入ってました。 SICの元ガイド、 TOPガイド(以前使ったものを流用)、糸(ガイド巻き用、ミシン糸な...

コメント