ロックフィッシュ用の短竿 最終回 ガイド編

【DIY】自作

いよいよ最終回。

ガイドを取り付けます。

スポンサーリンク

準備するもの

ミニクロガイド、

中身には7個入ってました。

SICの元ガイド、

TOPガイド(以前使ったものを流用)、糸(ガイド巻き用、ミシン糸など)、瞬間接着剤、ハサミ。

短竿作るための素材
短いロックフィッシュ用の竿を自作するのに、釣り具の量販店に行ければよいのですが、中々忙しい、お店が遠いなどあると思うので、ネットで買えるものを紹介します。 ブランクス 楽天で購入できるものです。 長さ120cm、元径8~1...

ガイド取り付け

ガイドの具体的な巻き方はYutubeで検索するとすぐに見つかります。

瞬間接着剤で少しだけ仮止めしてから始めると、簡単に糸を撒くことができます。

下の図の間隔でガイドを取り付けます。

元ガイドはラインの抵抗が大きいのでSICにします。

セラミック素材で摩耗せず、滑らかにラインを滑らすことができます。

完成

うまくガイド取り付けられましたか?

 

 

自分では納得いく曲がり方になりました。

漆黒の中に朱が映えます。

全長110cm。

ブランクス、リールシート、ガイドと手作りグリップを組み合わせ、塗装も自分で行いましたた。

特に塗装は新うるしなる人工漆を塗り重ね、研ぎ出しと技法を使ってキレイにしあげました。

 

あとは、この竿をいつ使うかですが...

まだロックフィッシュは狙えますので今からでも試してみてください。

 

コメント