PVアクセスランキング にほんブログ村

極寒の須磨でメバル

この記事は約4分で読めます。

とうとう2月になりました。

一年で水温が最も下がる時期になりました。

そんな中、早朝から薄っすら雪が積もった道を、始発電車に乗るためにロッドケースを右手に、クーラーボックスを左手に、背中にはリュックを背負って小走りする釣りバカがいます。

私のことですが、はたから見るとこんな風に見えるんだろうと少し思いながら4時台の電車にぎりぎり間に合いました。

流石に電車には他の釣り人はいらっしゃいませんでした。

始発は乗り継ぎが悪いので、須磨まで1.5時間ほどかかります。

ウトウトしながら過ごし、6時20分くらいに須磨の吉川釣具店さんに到着しました。

スポンサーリンク

須磨浦漁港大波止から開始

病気をされていたご主人もすっかり元気になっておられ安心しました。

最近の釣果情報を教えてもらい、いつものアオイソメを500円ほど買い、ようやく日が昇りつつある須磨海岸を西へ向かって歩きました。

今回は大波止から開始です。

まずはPROX 四代目根魚権蔵(軟派) 70MFに1000番のリール、ラインはフロロカーボンの3lb、自作ジグヘッド2gにワームをつけて探りました。

薄暗い中海を覗くと小さなメバルがたくさんいます。

エサ用のタックルはダイワ 小継せとうち 2-36シマノ ’11エルフ C3000、ラインPE0.8号、1号オモリにメバル鈎7号にハリスフロロカーボン1号を30cm。

エサはもちろんアオイソメです。
見えているので簡単に釣れるだろうと思っていましたが、そう簡単にはいきません。

ワームも使ってもエサを使っても、見えてるメバルは口を使ってくれません。

興味は示してくれるメバルもいますが、それまでで触れることすらありません。

悪戦苦闘をしていると大波止の西側、テトラ帯との境目の高さ3mほどの壁の上から声がかかりました。

メバルは釣れました?

若いお兄さんでした。

私は

全然ダメです。そちらは?

と尋ねると、おにいさんは

アイナメが2匹釣れました。虫餌です。ブラクリで。

と教えてくれました。

となればテトラへ向かうしかありません。

テトラで釣れるか?

漁港の北西側からテトラ帯の壁を登ると、眼下に無数のテトラが南に向かって伸びています。

持ってきた自作ブラクリ仕掛けをさぐり名人90cmに付けて、壁とテトラの間に落とします。

これを30分位やってみましたがどうもしっくりと来ません。

おそらくテトラの上を歩いてもう少し水深がある海側に行かないと、魚はいないだろうと思いましたが、最近年齢のせいか自分が思っている以上にどんくさいので、怪我をしないようにあきらめ、須磨海釣り公園側の砂浜に下りて、サーフで魚をねらうことにしました。

須磨浦漁港の西の海岸で釣れるか?

これがまた難儀でした。

リールを巻くたびに海藻がくっついてきます。

よく見るとあたり一面海藻だらけで、コリャー釣りにならんと思い30分ほどで漁港に戻りました。

ちょうど10時くらいです。

朝とは反対側の小波止へ行くと釣り人は誰もいなく独り占め状態です。

須磨浦漁港小波止でやっとメバル

小波止の東向きの海水浴場側には、恐らく100匹は超えるだろうメバルが浮いたり沈んだり、棚を変えて泳いでいます。

今度こそはワームで釣ったるドーと素人ながらいろいろアクションを試すもダメ。

次は先日買ったトラウト用のスプーンに切り替えましたが、少し反応を示すだけで追ってきません。

諦めてジグヘッドにアオイソメを刺し、生き餌の動き頼みで待っていると、時々竿先が引っ張られます。

うれしいことにエサをくわえて引っばっているようです。

この日は波もなく、海中まで日が差し込んできたので海の底までよーく見えました。

そこへお父さんと、小学校3,4年生の男の子がやって来ました。

そちらも苦戦されてましたが、それを横目に竿先から伝わる振動を逃さず合わせると、ようやく待望の1匹がかかってくれました。

わずか10cmほどのメバルですが、ロッドが柔らかいので中々の引きを楽しめることができました。

おとうさんも気づいたらしく、こちらをチラリと見ていました。

しばらくすると、自転車に乗ったおじいさんが近づいてきました。

そのとき、2匹目がかかりました。

釣上げましたが、そのときにおじいさんが

何が釣れました?

と声をかけてこられたので、あまりに小さなメバルに恥ずかしくなり、2匹目の写真はなしです。

その後10分ほどでまたまた竿に重みが伝わります。

3匹目も小さなメバルでした。

こんどは小学生のおとうさんが近づいてきて、

何か釣れました?

見てるくせにー、と思いながら

小さいメバルだけです。

と釣れたメバルを見せてあげてリリースです。

最後の1匹を釣ろうと少しだけ粘りましたが、帰る時間が来てしまい納竿といたしました。

11時過ぎには釣り人も増え、サーフでカレイを狙っている人もいました。

リリースサイズのメバルではありましたが、ボウズは逃れることができ、1ヶ月ぶりに魚を釣る感触を味わえてとても満足できた釣行でした。

釣行データ

2015/02/01 6:30~11:30 日出6:58 晴  気温2度 中潮

6:50 満潮 ( 1.2 m )  12:05 干潮 ( 0.8 m )

タイトルとURLをコピーしました