西宮ケーソン先端、ツバス対策はエビングか?

この記事は約3分で読めます。

西宮ケーソンでツバス

先週末は個人的に3連休だったにもかかわらず、野暮用で南芦屋浜に行けませんでした。そんななか、会社の先輩が南芦屋浜ベランダに近い西宮ケーソンの先端で釣りをした話です。西宮ケーソンの先端部分へ行く途中は現在工事中で立ち入りできないはずですが...
スポンサーリンク

先輩の釣果はツバス2匹少ない?

先週末は南芦屋浜ではツバス祭りだったようですが、こちらが先輩の釣果です。昼くらいか初めて15時くらいにあたりが出始め、16時くらいにやっと釣れたそうです。
正真正銘のツバス
立派な?ツバスです。小さいのは20cmそこそこですね。サイズは小さいですが立派なブリ族です。ちなみに先輩は塩焼きにして食べられたそうです。 このツバス、魚探にはたくさん映っていたけどジグサビキにも、普通のエサのサビキ仕掛けにもなかなか掛からなかったそうです。 ???魚探? 進入禁止の西宮ケーソン先端部分はジェットスキーで行ったそうなので、進入禁止を突破していったわけではなかったんですね~。良かった。

昼間釣る方法はないか?エビングは?

昼間釣る方法は無いのかと聞かれましたが、私の狭いポケットの中には解決方法を持ち合わせていません。強いて言えば活性が高いツバスをリアクションバイトさせる方法を試してみるほうが良いのかと思いました。 ダートさせても来ないような気がするし... アジングワームが良さそうですが、西宮ケーソン先端部分の水深9mの中層下らしく、ジグ単では手返しが悪そうです。 キャロを使うか、バチコンか? いっそのことマイクロエビングではどうか?水深はそんなに深くないのでエビングに装着するメタルジグも大きくなくていいはず。20gくらいで行けるんでは? 日本の超有名なアングラー村越正海さんが考案されたエビングはもともとブリなどの青物を釣るためのもの。ならば大きさは小さいとはいえ、ツバスは立派なブリの子。同じような仕掛けで釣れるんではないかと思った次第です。

次回釣行の準備(先輩だけかも)

スケジュールが合えば、ジェットスキーに乗せてもらっていこうと思っています。 マイクロエビングの準備はフックなしメタルジグ20g、ストレート天秤、天秤の先にはワーム。小さめのワームにするので、ツバスサバなんかも狙えるんじゃないかと思っています。サバと言っても回遊中のサバは40cm前後ですからね~。アジュール舞子で釣る大サバのサイズと変わらない値打ちものです。 運が良ければ、回遊中のもっと大きなサワラシーバスも釣れるかも。 ストレート天秤軽く探してみましたが、大型魚を狙うための大きいものばかり。もう少し小さめのものを探してみます。
アジング、メバリングワーム
ワームはアジング用のクリアを使ってみます。あまり大きいのには喰いつかないと思いますので。

もしかして釣れたらご報告いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました