2018/03/16付けZFF阪神間週末の釣り ハネチヌ好調

は~くしょん!

最盛期の花粉がひどくマスクが手放せません。

釣りに行くときにもマスク。

でも暖かいとマスクが熱くて、釣りの間もつけたりはずしたりしてしまいます。

そんな日は夜が大変、昼間に蓄積した花粉のせいで鼻がじゅるじゅる。

花粉シーズン、早く終わってほしいものです。

花といえば桜の花が高知で先始めました。

今年は例年よりも早い開花のようで、来週あたりは花見がしながら釣りができるかも。

 

さて今週はどんな釣りができるでしょう。

神戸の週末の天気

今週は土曜日は晴で少し寒いですが、日曜日はが晴のち曇のまずまずの天気です。

最高気温は土曜日11℃、日曜日18℃と先週よりも6℃も上昇します。

この時期、気温の変動が激しいですね~。

最低気温は土曜日が4℃、日曜日は先週よりも4℃高い7℃です。

神戸港の海水温は先週から1℃上昇の11℃くらいになりそうです。

メバル 8℃~22℃ウミタナゴ9℃~15℃マコガレイ 10℃~17℃アイナメ 8℃~15℃ガシラ 13℃~18℃、チヌ13℃~23℃、グレ 16℃~20℃、コブダイ 16℃~23℃、スズキ 15℃~18℃。

潮まわりは土日ともに大潮です。

満潮は土日ともに7時台と19時前後、干潮は土日ともに13時台です。

今週は潮位の差は大きく潮は流れそうです。

日出は6:06、日入は18:09です。

来週には日の出が5時代に突入しそうです。

阪神間週末の釣りもの

今週も引き続きスズキチヌなどの大型魚が中心ですが、特にチヌキビレ)が上向きです。

武庫川ではブッコミ釣りでキビレハネが釣れています。

西宮ケーソンハネは引き続き釣れています。チヌも上向き傾向。

尼崎魚つり公園では最近釣れている魚は、ほとんどエビ撒き釣りでハネですね~。

鳴尾浜臨界公園海づり広場でもスズキハネが釣れています。

南芦屋浜はエビ撒き釣りでハネの好調維持。フカセ釣りでチヌも釣れてます。アオイソメなら石畳でタケノコメバルも釣れますよ。

兵庫突堤では数は少ないですがカレイが釣れているみたいです。

ポートアイランド北公園ハネアイナメ釣れているみたいです。

須磨海岸ではガシラアイナメメバルキビレチヌカレイなど魚種多彩です。キスが釣れたという目撃談もあり。

須磨海づり公園ではマダイカレイなど釣ってうれしい魚釣れてます。

平磯海づり公園ではアイナメカレイチヌも釣れています。ここはカンダイコブダイ)が狙えるポイントでもあります。おもしろいですよ。

大きなアゴのコブダイを狙え!3釣法で攻略
波止から狙える大きな魚といえばコブダイ。家庭料理として一般には食べない魚、でも煮つけで食べると淡白で味わい深い深く、刺身にしても美味。こんなベラ科のコブダイですが、おもしろい生態を持っています。なんと小さい時にはメスで、大きくなると頭が大きくなってオスになるのです。釣り方はシンプルなので関西の波止からも狙える魚です。

 

魚たちの活性上がってきているので、そろそろ海に出かけましょう。

2017年3月下旬須磨で2017年度開幕戦

去年の釣り開幕戦は須磨海岸でした。

いつものように吉川釣り具さんでエサを買い、工事中の須磨海岸を歩き回りましたよ。

釣果は予想通り、かろうじて小さいハゼがひっかかりました。

須磨海岸はこの大工事を経て、より遠浅のビーチになりました。

今シーズンの開幕戦、須磨に砂丘ができていた
何じゃこりゃ〜! いつものように吉川釣具店さんに行き、エサを買ったときに駅前のことをお聞きしてみた。 ご主人いわく、100m沖まで砂を入れるそうだ。 確かに砂がてんこ盛りになっていた。 水深2mほどまで埋め立て、100m沖に砂の流出を防ぐための魚礁を置くとのこと。 5月19日まで工事が続くらしく、釣りへの影響がわかるのはGW開けてからになりそう。

 

去年はあまり須磨へは行っていませんが、一時期駅前の波止など釣り禁止になったりして大変だったようです。

今は須磨の釣りを愛する人々のおかげで、釣り禁止は解除されたようです。

今シーズンは行く回数を増やそうと思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました