GoToフィッシング!

ヘッドライトが暗いテスターで電池チェック

この記事は約3分で読めます。

日が暮れた後、タチウオワインドからウキ釣りに仕掛けを交換しようとしたとき、なんか暗い。ヘッドライトの光が弱くなってきているような気がする。電池を交換しようと家を探すとゲーム機で数回使った単4電池がいっぱいある。どれが使える電池なのか?

とうとうテスターを買ってしまいました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

何十年ぶりかに使うテスター

家にゴロゴロ転がっている電池、まだ使えるものがあると思うんですが、どれだか分かりません。LEDライトを点灯させて確認するのも、光量が微妙で判断がつかず。電圧が低下している電池をタチウオ釣りに持って行き、途中で切れたらエサも付けられません。新しい電池にしたらいいのですが、数回しか使っていない電池を捨てるのも勿体ない。

ということで、長年欲しかったテスターを近所のコーナンでやっと買いました。

最後に使ったのいつなのか?すっかり忘れてしまうほど長らく使っていませんでした。昔使ったのはアナログだったか?デジタルだった?確かデジタルだったよな~。

お店に行くとたくさんテスターが並んでました。どれが良いのか?主に電池の電圧を測るので安いので良いかと思いつつ、自分の思考はアナログですが、メーターを読むのもめんどうなので、デジタルで数字がはっきり表示されるものを選びました。

アマゾンよりも安く、1,700円くらいでした。

ELPA M-01FB

使い方を一応確認。

ELPA M-01FBの説明書

電池の電圧を測るなら、直流電圧モードですね。ディップスイッチを直流電圧に合わせ、中央の大きいダイヤルを2Vにしました。

片っ端から電池を測る

単3、単4、合わせて20個くらいありました。片っ端から測ります。

ほぼゼロのものもあれば、1Vちょっとのものもありました。中には1.5V満タンのものも。

計測したら何ボルトか書いておく

計測済みは何ボルトあったかマジックで電池に書いていきます。

今使っている夜間釣り用のヘッドライトは1.178Vでした。少し暗いと思っていたんですよ。

LEDヘッドライトは1.2Vくらいまで低下していた

もう少し電圧が下がった電池をLEDライトに入れたら点灯しなくなりましたよ。

明るくなったライトの電池交換

ライトを点灯すると差が分かります。左が電池交換前の1.178V、右は新しい電池で1.521Vありました。

若干分かりにくいですが、右のほうが光の円が大きくなっています。

常に明るい状態を保つには、充電式の乾電池にしたほうが良いのかもしれません。

なんとなくそうしたほうがいいような気がしてきた。

今使っている電池を使い果たしたら、充電式にしよう。

ちなみにで、アマゾンで充電式電池を見ていたら、面白いものを発見してしまいました。

ちゃんと機能するのかどうかはよくわかりませんが...

タイトルとURLをコピーしました