PVアクセスランキング にほんブログ村

PEラインで使うしもりペットはセラミック(SiC)に限る!

この記事は約4分で読めます。

PEラインがボロボロじゃ~!

最近ウキを使った釣りでもナイロンラインではなくPEラインを使っています。一昨年くらいから始めましたが、特に問題なく使えていました。

普段のPEラインの状態

前回の釣行時ラインが大変なことになっていました。下の写真のように何かに擦れてボロボロです。

ボロボロのPEライン

今回はPEラインがボロボロになった原因調査と対策です。

スポンサーリンク

PEラインがなぜボロボロになったのか?

最近の釣りでPEラインが原因不明でこんなにボロボロになったことはなかったです。ボロボロになるときはたいてい、根擦れで海底の岩礁に引っかかった感触があったときです。

でも、前回の釣行でこのラインを使ったのはウキ釣りでした。正確に言うと飛ばしサビキです。サビキかごが海底につくことはあっても、PEラインが海底につくことは考えにくいです。

足元のコンクリートに擦れたのか?そんな記憶はありません。

・・・

・・・

もしかしたら、道具の中で擦れるポイントがあるのか?

ラインが仕掛けまでに通るポイントはリールのベール、竿のガイド...

他は?

誘導ウキのしもりペットか?

しもりペットとも呼ばれるこの道具、赤い穴が開いたところにPEラインを通し左側のフックにウキを取り付けます。

しもりペット、錆びとる

おっちゃんの肉眼では見えないのですが、写真を拡大してよく見てみるとラインを通す穴の一部が欠けています。かけているというよりは、ウキの浮力でスナップの方向にスイベル全体が引っ張られ、それとは反対にカゴオモリの重さで、スナップとは反対方向にラインが擦れていくので、テンションがかかる部分が削れているように見えます。

穴が削れとる

ナイロンラインなら柔らかくてよいのでしょうが、繊維を編んでライン自体が丈夫なPEラインです、安いしもりペットの素材では耐久性がないようです。

そういえば兆候はあった

なんとなくおかしいな~と思いながら釣りをしていました。もっと早く気づけばよかったです。

飛ばしサビキの仕掛けを投げたときに、ときどき引っかかったような感触があったんですよね~。

でも、遠くしか見えない眼はラインのケバケバをなかなか発見することができませんでした。たまたまラインを触ったときに、異変に気付きリーディンググラスをかけて見てみると...

手遅れでした。

損傷がひどい部分はカットしてラインの途中をつなぎ合わせて使いました。今回の釣行では海底まで10mくらいの深さなので、少なくとも10m分は傷がついていると思われます。カットして次回の釣行に備える必要がありそうです。

対策は対摩耗性能に優れよく滑るセラミック

去年くらいから使っているのがYO-ZURIのスルルセラミックなどのセラミック素材を使ったスイベルです。セラミック素材はロッドのガイドで使われているSiCでもおなじみです。

DUEL YO-ZURI スルルセラミック

摩耗性に優れ熱伝導率も高いのでラインにやさしい素材とのことです。

ニューセラミックというらしい

私が使っているのはDUELのスルルセラミックですが、FujiのSiCラインスイベルもあります。

セラミックは優秀です、フカセ釣りで使っているときに、軽い2Bのオモリを使ってもラインが滑らかにしもりペットの穴の中を滑り落ちていきます。まさしくスルルという感じです。

もちろん長い間使っていてもしもりペットの穴の縁部分が削れることもありません。

この前は釣り場に持っていっていたのに、なんで使わなかったのだろうな~?その時はこんなに削れるなんて思ってなかったもんなー!

PEラインのしもりペットのまとめ

ウキ釣りにPEラインを使うと細くて軽く、風も潮の影響も受けにくいので、非常に扱いやすく私は気に入っています。今のところ欠点は今回のテーマしもりペットのみです。

リーズナブルなものは4個で200円ちょっとです。

ナイロンラインならこれで十分。でもPEラインを使うなら少し高くなりますが、セラミック、SiCと書かれたしおりペットを使いましょう。

倍くらいのお値段ですが、使う価値ありです。

そういえば、先日使った竿のトップガイドはSiCではなかったです。大丈夫かな~?

タイトルとURLをコピーしました