注射器1本魚の血抜き

この記事は約4分で読めます。

血抜き締め方にこだわり中

魚屋さんの魚の問題ではありませんが、自分で釣った魚を食べるのと魚屋さんで買った魚を食べるのでは味がまったく違います。自分で血抜きして締めた魚はやっぱり旨いです。魚屋さんのは氷締めなのか?血が残ってます。ここが重要、臭みなく美味しく魚を食べるポイントですね。
トロ箱でまとめ売りしていないもの
スポンサーリンク

いつもの魚屋さんで買った1,000円のトロ箱

安いので時々トロ箱ごと買っちゃいます。
愛用は待起水産のトロ箱
毎回違う魚が入っていて、10箱ほど売られていますよ。中に入っている魚は毎回違います。普段はあまり出回らない魚が入っていることが多いですね。今回はチヌが入っていました。
チダイ、?よくわからないメバルににてるけど違う。シタビラメマゴチでした。チヌが35cm、マゴチが45cm弱ありました。

残念血抜きができてないよ~

発泡スチロールのトロ箱には氷がぎっしり詰められていて、魚の鮮度は全く悪くはありません。ハラワタが入ったままなのは覚悟の上です。毎回残念に思うのは血抜きされてないことです。幸いそんなに血が回ってなかったので、うまく処理すれば日持ちするはずです。 チダイメバルに似た小魚をハラワタを抜いて煮つけ用に処理します。頭は落としません。釣りを始めて始めた魚の調理、かなり上手になってきたと思います。

次はシタビラメ、こいつはシタビラメのムニエルにするため、ハラワタを抜いて2つにぶつ切りにしました。 厄介なのは日ごろ釣れるサイズではないチヌマゴチ。いままでに数回しかさばいたことはありまえせん。チヌは普通の魚の形なので頭を落として3枚におろします。多少鱗を飛び散らせながら、少々もたつきながらも20分ほどで終了です。

問題はマゴチ、1度やったことはあるのですが、やり方を忘れてしまい、Honda釣り倶楽部のお手本をみながら格闘しました。結論としては縦と横の比は違いますが3枚卸ですね。

チヌマゴチも小麦粉を付けてソテーすることにしました。でもすべての魚を1日で食べるわけではないので、日持ちがするようにしなければなりません。

血抜きの新兵器は注射器

前から挑戦していたのですが、初めて成功したので報告します。 津本式 究極の血抜きをごそん時の方も多いかと思います津本さんが考案したやり方です。尾びれのちょっと頭よりを背骨のところまで切って、ハラワタを抜いたお腹からホースの水を当ててやると、背骨に沿った大動脈の血が尾びれ側から流れ出すというものです。血合いと呼んでいる人もいる様ですが、お腹側から血合いの部分を包丁で取り出すだけでは、尾びれまで溜まっている血を抜くことはできません。 ちょっと違いますが、こんな感じのノズルを使ってエアーを入れたりもしています。 家庭用のキッチンではホースをつなぐこともできないので、さてどうしたものかと考えていました。 そこでいろいろ探していて、ホームセンターコーナンで見つけたのがこれ。
農薬を希釈するときに使うプラスティックの注射器です。これをお腹側から背骨の下の大動脈に突っ込んで水圧をかければ尾びれ側から血が抜けるはず。 チヌはあきません、水圧がたりません。マゴチもだめです。 どうやら大きい魚にはもう少し水圧が強い仕掛けが必要そうです。
注射器の先を魚の動脈に差し込みます
では小さいチダイは?これもだめです。今一つ水圧がたりません。 成功したのは、2つにぶつ切りにしたシタビラメだけ。シタビラメの1/2の身の長さは8cmくらいでしたが、これは綺麗にスカッと突っ込んだ反対側から血の塊が噴出しました。きれいに血合い部分が取り除けましたよ。 もっとも、3枚におろしたのでチヌマゴチは血合いの部分は残ってませんが。

血抜き次回改善のポイント

やはり小さい注射器では圧が少なくうまく抜けません。ほかの方々もいろいろ試されているようですが、加圧式噴霧器を使っている方もいらっしゃいましたね。ダイソーの加圧式霧吹きも考えましたが、圧力が弱いのでだめそうです。 もうすこし大きいのが欲しいところですね。車の掃除もするので大き目の噴霧器を買うことにするか~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました