広告 【釣り具】リール

ZAION Vのダイワ21フリームスLT2500XH 19レグザと比べたインプレ

2021-09-30

PVアクセスランキング にほんブログ村

21フリームス活動開始

ダイワの新素材ZAION Vを使いたくて買った21フリームスLT2500-XH。最新リールの特徴を同じくLTコンセプトの19レグザと比較してみました。今回ローターが軽いことがリールの巻き心地を決める大きな要因の1つであることがわかりました。また、リールフットなど細かく進化している部分も改めて気づかされました。

21フリームスLT 2500-XHを選んだ理由

今回買ったのはダイワのフリームスLT2500-XHです。

21フリームスのスペック表
21フリームスのスペック表

21年度半のフリームスの特徴は、ZAION Vです。21フリームスを選んだのは一番のポイントはZAION Vを使ってみたかったからです。

ダイワ(DAIWA)
¥10,249 (2023/01/24 22:11時点 | Amazon調べ)

簡単にZAION Vの特徴をご紹介します。

リールを、もっと軽く、強く。そのために開発されたカーボンハイブリッド樹脂が、ザイオン V(ブイ=バーサタイル)。ハイブリッドするカーボン量を緻密にコントロールすることで、金属を凌駕する軽量性と、金属に比肩するほどの強度を、ハイレベルで実現するとともに、多くのリールに搭載可能なバーサタイル性をあわせ持たせた。カーボンハイブリッド樹脂のMAXスペックともいえるザイオンのエッセンスを受け継ぐ。

出典:ダイワテクノロジー

もともとZAIONという素材をカルディア以上の機種で採用されていましたが、ちょっと価格が高くなるんですよね。それで登場したのがZAIONに近い素材のZAION V。

実際に釣具店でZAIONとZAION Vの剛性を比べてみました。

合わせて読みたい

それぞれの素材の板を両手で持って曲げてみると、明らかにZAIONのほうがZAION Vよりも固いです。

突進力が強い青物などと格闘するのなら、ZAION素材のリールか、アルミ製レグザを選ぶほうがいいと思います。

私のような小物釣り師の場合、ターゲットは大きくてもチヌ、時々セイゴ、普段はキス釣りや根魚釣りが多いので、ZAION Vで十分なんです。しかも私が持っているアルミ素材のレグザLT3000S-CXHよりも45gも軽いんです。

ライトゲーム用のロッドに合わせるのにちょうど良い素材です。

21フリームスの諸元と特徴

ダイワの汎用機種でLTコンセプトのリールです。上位機種と廉価版の真ん中ぐらいですね。

フリームスより上の機種からハンドルはねじ込み式です。ハンドルを逆に回すと取れるやつです。

私が買ったLT2500-XHは重さが200gとかなり軽く1つ上のアルミボディのレグザ2500より35g軽く、2つ上のZAION VモノコックボディのカルディアLT2500S-XHよりは10g重いです。

スプールに浅いSタイプがなかったので、0.6号のPEラインが290mも巻けてしまいます。当然、そんなに長いラインは買わないので、下巻きしてかさ上げしてから使います。

品名ギア比巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
自重
(g)
最大ドラグ力(kg)ベアリング
(ボール/ローラー)
標準巻糸量
ナイロン(lb-m)
標準巻糸量
PE(号-m)
価格(¥)
FC LT1000S5.2641805.05/12-120
2.5-100
3-70
0.2-210
0.3-200
0.4-130
16,300
FC LT2000S5.2681855.05/12.5-200
3-150
4-100
0.4-200
0.5-170
0.6-150
16,300
FC LT2000S-XH6.2811855.05/12.5-200
3-150
4-100
0.4-200
0.5-170
0.6-150
16,300
LT25005.37520010.05/14-230
6-150
8-100
0.6-290
0.8-200
1.0-190
17,300
LT2500-XH6.28720010.05/14-230
6-150
8-100
0.6-290
0.8-200
1.0-190
17,300
LT3000-C5.38021010.05/18-150
10-120
12-100
1.0-200
1.2-190
1.5-170
18,000
LT3000-CXH6.29321010.05/18-150
10-120
12-100
1.0-200
1.2-190
1.5-170
18,000
LT30005.27722510.05/18-150
10-120
12-100
1.0-200
1.2-190
1.5-170
19,000
LT3000-XH6.29322510.05/18-150
10-120
12-100
1.0-200
1.2-190
1.5-170
19,000
LT4000-C5.28223512.05/110-190
12-150
14-130
1.2-310
1.5-200
2.0-170
19,000
LT4000-CXH6.29923512.05/110-190
12-150
14-130
1.2-310
1.5-200
2.0-170
19,000
LT5000-CXH6.210525512.05/110-330
14-230
20-150
1.5-430
2.0-300
2.5-260
20,000
LT6000D-H5.710132512.05/114-310
20-250
30-150
2.5-420
3.0-300
4.0-220
20,500

私が持っている19レグザもそうでしたが、ラインローラーにボールベアリングが入ってないんです。

ラインローラーチューンは簡単なのでぜひやってみてくださいね。

おすすめ記事

ギア比はXH(エクストラハイギア)にして、ルアーの回収スピード優先にしましたが、最近始めようと思っているチニングを考えると、ゆっくりタイプのほうが良かったかもしれません。

これ1台でソルト域から淡水まで幅広く網羅できる最もバーサタイルモデル。
よりタフに使いこめる2500ボディにより、パワフルな巻上をアシスト。
巻取りの速さからルアーの回収速度が上がりテンポの良い釣りが可能に。
【対象魚目安】
エギング、バスフィッシング、バーサタイル

出典:ダイワ フリームス

バーサタイル(=汎用的)なモデルです。

19レグザと機能を比べてみるとほとんど同じですが、大きくは素材が違います。

機種名21フリームス19レグザ
LIGHT & TOUGH
マグシールド
タフデジギア
ATD
エアローター
LC-ABS(ロングキャスト-ABS)
パーフェクトラインストッパー
ON/OFFストッパー付きボディ
素材(エアローター)ZAIONVDS4
素材(ボディ)ZAIONVアルミ

アルミよりはあきらかに剛性が低いですが、対象魚がチヌくらいまでなら特に問題の無いレベルです。

合わせて読みたい

21フリームスと19レグザの外観を比べてみる

21フリームスです。

須磨にて21フリームスデビュー
須磨にて21フリームスデビュー

こちらが19レグザです。

芦屋浜にて19レグザ
芦屋浜にて19レグザ

同じLTコンセプトのリールですが、よく見ると細部がかなり違います。

生産国は19レグザが中国21フリームスはベトナムです。

21フリームスと19レグザ リールフットの形状が違う
21フリームスと19レグザ リールフットの形状が違う

リールフットの形状が全然違いました。ダイワの汎用リールでは19レグザタイプはバリスティック、レグザ、レブロスなど、21フリームスタイプはイグジスト、カルディア、レガリスなどです。21フリームスは新脚裏形状で、水が抜けやすくなっているのだそうです。

大きな違いの2つ目は、ネジの形状。すぐにわかりますよね。

よく見るとネジの形が違うよ
よく見るとネジの形が違うよ

21フリームスはラインローラーなど皆さんがよく触るところは、プラスネジですが、ほとんどは星形のトルクスネジになっています。欧米でよく使われているネジらしく、ドライバーの刃先がねじ頭から外れにくいのだそうです。

分解するなら専用のドライバーが必要になりますね。

21フリームスの巻き心地

比較対象が19レグザ3000番と21フリームス2500番の違いなので、サイズが少し違いますが、私の個人的見解です。

21フリームスのほうが19レグザに比べ、回転し始めがかなり軽いです。当然、回り始めたらそれぞれ滑らかに回ってくれるので、違いはないです。ローター部分が21フリームスのZAION V素材に対し19レグザがDS4なので、その重さによるものかもしれません。

タチウオくらいなら違いは判らないのではないかな?

おそらく剛性の違いが判るのはスズキとかハマチなどの青物をかけた時くらいしかわからないのではないかと思います。

大きな魚が釣れた時にフィーリングについては追加します。いつになるかわかりませんが。

21フリームスのまとめ

19レグザを持っているので今回は21フリームスを買いましたが、釣り具の量販店では19レグザが40%オフで売られていたので実売価格はほぼ同じでした。

両方持ってなかったらどちらを買うか?非常に悩むところです。

ほとんどの方は新しく出たほうを買うかもしれませんが、メジロや60cmを超えるシーバスなんか少し大きめの魚を狙うなら21フリームスよりも剛性に優れた19レグザをおすすめします

タチウオやチヌくらいまでなら軽い21フリームスがおすすめです。

21フリームスはライトゲームに最適
21フリームスはライトゲームに最適

でも、やっぱりモデルチェンジまでの時間が長い21フリームスのほうがいいすね。より新しいLTコンセプトですし。

最終的にはお店に行って実際に触ってみて自分のフィーリングにあったものを選ぶのが良いと思います。

ダイワ(DAIWA)
¥10,249 (2023/01/24 22:11時点 | Amazon調べ)

21フリームスはライトフィッシングに最適です。





★ブログランキングに参加しています。
★クリック励みになるのでよろしく!
↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

最新の記事

自作

物価高騰!市販価格の半分でアシストフックを作ってみよう

2023/1/27

アシストフックの自作は難しくない 消耗品のアシストフック、釣りの後に真水で洗っていてもフックは錆びる。アシストラインも根に擦れボロボロってことも。市販品を買うとなるとまあまあ高いです。安いメタルジグの ...

【釣り具】リール

ダイワ 20クレスト6000は必要十分な機能を備えたコスパ良いリール

2023/1/21

泳がせ用に気にせず使える強い味方 ノマセ釣りって高性能なリールでなくても十分、そう思ったのが2022年の尼崎魚つり公園。だって、かなり古い3000番くらいのリールで釣りあげている人たくさんいるんですか ...

神戸:須磨海岸

2023年開幕、須磨でカレイ狙うも釣れたのはクジメのみ

2023/1/9

クジメでもうれしい 2023年早々須磨の釣りです。常連さんたちも来ていたようですが何を釣ったのでしょう?まだキスやカレイは釣れているようなので、今回はカレイを狙いました。結果、カレイは反応してくれませ ...

【釣り具】ライン

最近のPEラインとリーダーおすすめ、シーガーPEエックスエイトなど

2023/1/7

たどり着いたのはシーガーPEエックスエイト 私が良く使うPEライン、リーダーはコスパ重視。PEラインは1,500円前後、リーダーは1,000円前後。2023年1月現在おすすめなのは、シーガーPEエック ...

【釣り具】セール

2023年イチバンエイトの初売 GO FISHING、今年も狙いは福袋か?

2023/1/3

2023も行くぞ!初売 GO FISHING もうすぐ2023年新春初売りセール。今年もイチバンエイトからダイレクトメールが届きました。なんでもネットの時代ですが、ダイレクトメールはまだまだ健在です。 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しーちゃん

釣り歴10年、ブログ歴9年、サラリーマンブロガーです。 阪神間の釣り場の情報や釣りのグッズなど、初心者向けに記事を書いています。旅行も好き、うまい物好き好きな平凡なおじさんです。 エックスサーバー 上で、最近WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」を使い始めました。
最近、参加している「にほんブログ村釣りブログ ランキング(PVポイント順)」でトップ10入りしています。よかったらポチっとしてくださいね
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
お気楽オヤジの雑記帳★ もよろしく!

おすすめ記事一覧

1

ぶっこみサビキ! 最近世の中に浸透してきたぶっこみサビキ、釣り場でも見かけるようになりました。沖に投げてほっておくだけで良型アジが釣れちゃいます。投げサビキのように煩わしいウキの仕掛けを作ることもなく ...

2

おかっぱりのトローリングは釣れるのか 最近注目しているのが、おかっぱりの弓角を使ったライトトローリング。関東のサーフでは普通に使っているようですが、阪神間の波止では見かけたことはありません。神戸界隈で ...

3

21フリームス活動開始 ダイワの新素材ZAION Vを使いたくて買った21フリームスLT2500-XH。最新リールの特徴を同じくLTコンセプトの19レグザと比較してみました。今回ローターが軽いことがリ ...

4

ランガン必須のタモジョイント 釣り場でランディングネット、いわゆるタモ網を使っている人をよく見かけます。だいたいは釣りをしているところの近くに置いて、大きい魚が釣れたらするするとそのまま伸ばして使いま ...

5

かっちり高剛性ボディ 概要 2020年の1月にシーバスロッド ダイワ レイジー100MLを買い、それに合う新しいリールを探し始めました。結論としてダイワのレグザにたどり着き、買いたいと思いながらもネッ ...

6

ジギングサビキは自作できる! 不器用な私には難易度が高かったジギングサビキの自作、何とか形になりました。 ジギングサビキは買うものだと思ってましたが、それなりのものができました。コストも市販品より少し ...

-【釣り具】リール
-