ソーシャルディスタンスキープで

ダイワ19レグザのラインローラーベアリング化

この記事は約4分で読めます。

レグザの滑らかさアップ!

最近愛用のダイワ19レグザLT3000S-CXHですが、1つだけ改善したいところがあります。普通に使って非常に滑らかな巻き心地なのですが、スローで巻くとラインローラーにベアリングを追加した、15レブロスのほうが滑らかなような気がする。

お気に入りの相棒レグザに変身させるために、ラインローラーベアリングを追加することにしました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ヘッジホッグでラインローラーベアリング購入

15レブロスでもベアリングを買った、ヘッジホッグスタジオさんで今回も19レグザのラインローラーベアリングを買っちゃいました。

リールのカスタムパーツなら、HEDGEHOG STUDIO

ヘッジホッグスタジオさんのスピニングリール ベアリング特集からダイワの19レグザを選び、ダイワ用 ラインローラー1BB仕様チューニングキット [RK] (19レグザ対応)を選びます。

購入したのはHRCB防錆ベアリングです。1,290円でした。対応機種をよく見ると15レブロスと同じなんですね。

2回目の購入です

封筒から取り出すと、前回同様ベアリングが入っていました。

説明書も分かりやすいよ

ベアリング1つとワッシャー2つ、分かりやすい説明書も一緒に入っていますよ。理解できない方は、YouTubeに交換方法が掲載されているので参考にして下しさい。

第43回 ラインローラーのベアリング交換方法 ~15' REVROS(レブロス)編~

では交換方法を思い出しながらやってみます。

ドライバー1本で交換可能

準備するものはプラスドライバー。パーツが小さいのでピンセットがあると便利です。

爪楊枝はラインローラーが回るかどうか確認するのに使います。

簡単交換ドライバー1本

しっかり説明書を見てから交換してくださいね。私は15レブロスで1度交換していたので、ほとんど説明書もYouTubeもみることはありませんでしたが、初めての時は何回も見直しましたよ。

説明書通りにすれば問題なし

交換前のラインローラーは爪楊枝をあてて前後に動かしても全く動きませんでした。どおりでゆっくり巻くときに滑らかさが無いはずです。

ローラーの回転チェックは重要

ラインローラーのネジを外すとカラーが入った部分が露出します。カラーを外してベアリングに交換します。

ネジを外してみると、白いワックスのようなものがこびりついています。オイルが固まっているのか?

油の塊か?白い物質が付着している

この白い物体がラインローラーの回転を阻害しているような気がします。

完全に固まってます

本当はパーツクリーナーで汚れを洗い落とせばよいのでしょうが持ってないので、キッチンペーパーでふき取りました。

後は取り出したカラーをHRCB防錆ベアリングに交換し、ネジをしめて元通りに組み立てます。各パーツにオイルをスプレーして終了です。

詳しくは15レブロス交換時の記事を見てくださいね。

専用のベアリングリフレッシュセットもあるみたいですね。パーツクリーナーでの洗浄とグリスの注入ができるそうです。

ラインローラー復活

爪楊枝で確認すると、交換前とは別物のように良く回るようになりました。

爪楊枝で確認するとよくわかる

ラインローラーにベアリングが入っていないのがダイワ19レグザの泣き所でしたが、これで完璧です。

実際にジグヘッドワームを投げてゆっくり巻いてみましたが、滑らかに回転します。ラインローラー部の抵抗が無くなったように感じます。

あとは、こいつを使って何を釣るかが問題ですね。

ダイワ19レグザベアリング化のまとめ

交換用のベアリングは1,290円、ドライバ1本あれば交換できます。

パーツクリーナーも安いので、買っておきましょう。

オイル、グリスはリール専用は必須アイテムなので、持って無い方は買いましょう。

前回の15レブロスベアリング交換同様、今回もリールの性能が1ランク向上しましたよ。

冬場のオフシーズン、手持ちのリールメンテナンスをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました