釣りにおすすめ おしゃれなコールマン偏光サングラス

この記事は約5分で読めます。

コールマン釣りに使えるか

今年の夏、炎天下の車の中に愛用のリーズナブルな偏光サングラスを置いていたら、レンズのフィルムが熱で溶け、レンズから浮いて使えなくなりました。釣りに行くとき今となっては必需品、予算は3,000円以内で手が届く偏光サングラスを探してみました。この条件で購入することができる、そこそこ使えるものを探しました。
スポンサーリンク

釣りで偏光サングラスが必要な理由は3つ

私が考える釣りに行くときに偏光サングラスが必要な理由、個人的な意見です。

ウキの視認性が良い

ウキ釣りの時、ウキが良く見えるということです。光サングラスをかけてないと、太陽の光が海面に反射してギラギラひかり、裸眼ではウキがよく見えません。
また、波があるとウキが波の間に入ったりして、浮いたり沈んだりして見失うときがあります。特に少し沖を狙うときなど、小さなウキを探すのは大変ですが、偏光サングラスをかけると海水が透けて見えるので、ウキが波の間に隠れたときにも確認できます。

ボラの動きがわかります

フカセ釣りサビキ釣りなどオキアミや、アミエビを撒いて釣りをしているときにやってくる、厄介な奴がボラです。フカセ釣りをしているときに、せっかく投入したエサが海の底に到達するまでに食い荒らされてしまいます。サビキ釣りなら、細いサビキ仕掛けに絡んで仕掛けが切られたり、サビキのハリに掛かったときにはタモ網がないと引き上げられません。サビキをするときには、タモ網なんか持っていかないと思うので、仕掛けを切るしか方法が無くなります。 そんな時、偏光サングラスをかけていると、海面下の浅いところをうろうろしているボラの動きがよ~くわかるので、ボラが近づいてきたら仕掛けを回収することができます。

釣りの行き帰り車の運転が楽です

釣り場に行くまで、釣りから家に帰るまでも釣りのうち。車を運転しているときにも、太陽光の照り返しでまぶしいことがよくあります。また、前に走っている車の後ろに着いたとき、前の車の後部のガラスが太陽光でギラギラ光って、前の車のガラス越しにその前の車のようすが見えないことがあります。特に渋滞しているときなど、前方の状況が見えないときには何が起こっているのだろうかと、ちょっとイライラすることもあります。 偏光サングラスをかけていると、車の窓越しにその先が見えるので状況をよく確認できます。もちろん、運転している人の顔の表情までくっきり見えますよ。 雨の日の運転も、フロントガラスに付着した水滴で光が乱反射されることなく、よく見えるので運転が楽です。ただし、暗くなってからの運転にはダーク色のサングラスは使わないでくださいね。暗くてよく見えないのでよけいに危ないです。 そんなときにはこちら。

偏光サングラスの性能を表す数値

ご存じのとおり、偏光サングラスは乱反射する海面の光から、偏光フィルムによって1方向のみの光だけを通すのでギラギラが無くなるという優れものです。この機能を数値化した偏光率とともに、サングラスとしての性能を表す数値として可視光透過率、紫外線透過率があります。これら3つの数値を総合的に合わせて、偏光サングラスをどんなときに使うのが良いのかが決まるようです。

偏光率

偏光度とも呼ばれますが、反射光、雑光をカットする割合で、この率が高いほど海からの照り返しのギラギラをカットできることになります。ただし、偏光率が高くなると、可視光透過率が低くなるそうなので要注意。敏感な人は天候、海からの照り返しなど考慮して何種類か偏光率の違うものを準備したほうが良いかもしれませんね。

可視光透過率

可視光を通す割合です。可視光透過率15%ならば、可視光線を15%通し、残り85%はカットすることになります。真昼間なら可視光透過率が低いほうがまぶしくなく、早朝や夕方など昼間と比べて少し暗い時には可視光透過率が高いほうがよく見えます。

紫外線透過率

紫外線透過率は紫外線をどのくらい通すのかを示す割合です。他同じ意味で使う言葉として、紫外線カット率UV400があります。紫外線カット率は紫外線透過率とは反対の言い方で、紫外線をどのくらい通さないかの割合です。UV400とは波長が400ナノメートル(nmと表します)までの紫外線をカットできるということを表しているそうです。 紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cがあり、それぞれの波長と性質以下のとおりです。
種類波長性質
UV-A400nm〜315nm地表に降り注ぐ紫外線の90%を占め、  雲やガラスなどを透過します。
UV-B315nm〜280nm地表に降り注ぐ紫外線の10%占め、  人体への有害性はなんとUV-Aの600倍以上だそうです。
UV-C280nm未満大気層で吸収され地表には届かないそうです。

偏光レンズの種類と価格、特製

偏光レンズの素材はガラスやプラスチック(大阪ではプラッチック)がほとんどで、ナイロン素材のポリアミドなどです。プラスチックレンズにはCR39ポリカーボネートポリウレタンウレタントリアセテート(アセテート)アクリルなどあり価格がだいぶ違うようです。素材によって違う、価格帯、屈折率、重さ、その他特性をまとめた表です。
素材価格屈折率重さその他
ガラス20.000円以上低い(製品により変わる)重め 凸凹が出来ない レンズに傷が付きにくい 熱に強い
プラスチックCR39 10.000円以上~20.000円未満低い軽い 凸凹が出来ない レンズに傷が付きにくい 熱に弱い
ポリカーボネート8.000円以上~ 15.000円未満高い軽い凸凹が出来ない レンズに傷が付きやすい 熱に弱い
ポリウレタン20.000円以上高い軽い熱に弱い
ウレタン10.000円以上~ 20.000円未満高い軽い熱に弱い
アクリル10.000円以下低い軽い熱に弱い
トリアセテート (アセテート)10.000円以下低い軽い熱に弱い
ナイロンポリアミド 10.000円以下 低い軽い熱に弱い
屈折率が高いと三半規管が弱い人は、酔ったようになります。熱に弱い素材は、炎天下の車の中に放置すると偏光フィルムがはがれて使えなくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました