簡単ぶっこみサビキでアジよく釣れます

この記事は約3分で読めます。

ぶっこみサビキ!

ファミリーフィッシングの王道と言えばサビキ釣りですよね。 南芦屋浜など阪神間の釣り場でよく見かけるのは、サビキ仕掛けの下にサビキカゴを付け岸から垂直に垂らしてマアジサバカタクチイワシなどを釣る方法です。サビキカゴをしゃくってアミエビを放出し魚を寄せて釣る下カゴの方が多いです。すこし慣れてくると、この仕掛けにウキを付けて飛ばしサビキで少し沖目をねらったりします。 飛ばしサビキは潮の満ち引きに合わせてウキ下の長さも小まめに調整が必要だし、ウキ自体潮に流されて隣で釣っている人の仕掛けと絡まったりと、慣れるまでちょっとめんどうな釣り方です。 この煩わしい問題を解消する仕掛けが、今回ご紹介するぶっこみサビキ仕掛けです。 この釣り方大きなアジも狙えるんです。

ぶっこみサビキ仕掛けの釣り方は簡単

海底近くを回遊する大き目のアジを釣るときに、かなり有効なのがこのぶっこみサビキ仕掛けです。ぶっこみアジともいうらしいです。 仕掛けは写真のとおりシンプルです。
ぶっこみサビキ仕掛け
ぶっこみサビキ仕掛け
シモリウキの7号か8号くらい(直径2cm)、ロケットカゴMサイズサビキ仕掛け(1.4m前後で幹糸が3号以上の太目のもの)、オモリ10号(潮の流れ方や、仕掛けをゆっくり沈めたいかなどで調整)を上から順番にクリンチノットで結びます。

釣り具の量販店に行けばすべてそろいますが、お店が遠い方もいらっしゃると思いますので、参考にどんなものを買えばよいかリストアップしてみます。

ロケットカゴはMサイズくらい、これを浮かすシモリウキは7号か8号がちょうど良いです。ロケットカゴにつなぐサビキ仕掛けはそのときのアジの気分によって違いますが、私がよく使っているのはケイムラサビキの7号です。オモリは潮の流れ方によりますが、速ければ重いもの、そうでなければ六角おもりの10号くらいを使うことが多いです。

ネットで買うと上の組み合わせで320円くらいです。市販のぶっこみサビキ仕掛けも最近値下げされているので、自作するのとコストはあまり変わらないかもしれません。最初は1つ市販のものを買っておいて、好みのアイテムに交換するほうが良いと思います。

波止で釣る場合、ちょい投げと同じ要領で足元から沖合10~20mほどに投げ込むと、波止から伸びた海底の敷石に引っ掛からないので根掛りが軽減できます。

ウキ下の調整も不要で、仕掛けを投げて底に落とすだけで、海底からサビキ仕掛けの長さだけシモリウキの浮力で垂直方向に立ち上がりますロケットカゴに詰めたアミエビが、穴から少しずつ放出されて魚が寄ってきて、サビキ仕掛けの横を通るときにエサと間違えて仕掛けのハリをアジがくわえてくれます。
ぶっこみサビキは海中でこんな感じ
ぶっこみサビキは海中でこんな感じ

ぶっこみサビキ仕掛けを飛ばすための道具一式

普通の飛ばしサビキと同じ道具でも良いのですが、遠投カゴ竿を使うと遠くのポイントまでぶっこみサビキ仕掛けを投げることができます。私が使っているのも、遠投カゴ用の4号竿です。 使えそうな竿です。 【シマノ】(SHIMANO) 磯竿 17 ホリデー磯 4号 450PTS 【ダイワ】(Daiwa) 磯竿 スピニング リバティクラブ 磯風 4-45遠投・K 釣り竿リール3000番以上4000番くらいで、ラインはナイロンライン4号か5号がおすすめです。 【シマノ】(SHIMANO)リール 17 セドナ 4000 【ダイワ】(Daiwa) スピニングリール 16 クレスト 4000

コメント

タイトルとURLをコピーしました