実際に足を運んだ情報です!リアルに南芦屋浜ベランダで釣れる魚、釣れる時期、駐車場など

この記事は約7分で読めます。

南芦屋浜ベランダ

阪神間の釣り場で知名度が高いところをあげると、まず出てくるのが南芦屋浜ベランダです。伊丹さんがMCをつとめるフィッシングマックスさんスポンサーのサンテレビ四季の釣りという番組も放映されています。南芦屋浜ベランダ近くのフィッシングマックス芦屋店のスタッフの皆さんも出演されていたりして、とってもフレンドリーなテレビ番組です。たまに南芦屋浜ベランダでも撮影しているときがあり、MCの伊丹さんをお見かけすることもあります。実は私と小学生の娘も37インチのテレビの左下に1cmの大きさで登場?しました。

南芦屋浜ベランダで検索すると上位に表示されるサイトにはInstagramとかTwitterでほかの人の情報をまとめたサイトが多くあり、初心者の方がうっかり信じ込んでしまいそうなものもあります。

例えば、マダイですが、年に1,2回は釣れたという情報は聞きますが、めったに釣れる魚ではありません。それをいかにも釣れたかのように掲載している悪質サイトがあるのでやめて欲しいです。

初心者の方に本当の南芦屋浜ベランダを知ってもらうために、超人気スポットである南芦屋浜ベランダへのアクセス方法、釣れる魚、釣り具エサを売っているところ、駐車場のなどの情報をご紹介します。 2019/07月現在、南面はまだ立ち入り禁止になってすのでご注意ください。東側は釣り可能です。
南面立ち入り禁止
スポンサーリンク

阪神間最大級の広く開放的な釣り場

南芦屋浜ベランダへは大阪方面からも神戸方面からも阪神高速湾岸線、国道43号線でアクセスできます。国道43号線を利用した場合は、芦屋川のあたりを南に曲がり、1kmほど南進すると芦屋浜の人工島へ渡る橋へたどり着きます。 橋を渡り南へ5分ほど走るとミズノスポーツプラザの駐車場が見えてきます。駐車場はほかにも何か所かありますが、後ほどご紹介します。ミズノスポーツプラザの南側一帯が南芦屋浜ベランダです。東西約1Km、東側は南北に200mの広大な釣り場です。

西側には潮芦屋ビーチがあり、バーベキューの利用もできます。南側には約3Km沖合にタチウオ釣りが盛んな通称武庫一と呼ばれる一文字があります。東側の対岸はチヌの住処となっている新西宮ヨットハーバーがあります。潮通しが良く周辺には尼崎市立魚つり公園鳴尾浜臨海公園海づり広場西宮ケーソンなどメジャーな釣り場がたくさんあります。

安全に釣りができます

南芦屋浜ベランダ安全対策は万全です。ベランダすべて、写真のように地面から1mくらいの柵が設置されています。小さいお子様も安全に釣りができます。また、広い場所で陰になるところが無いので、気温が高い春から秋の間は防止、日焼け止め、できれば薄い長袖のシャツがいいです。直射日光を避けるために2人用くらいの小さ目のターフを持って行ったほうがいいです。
飲み物の自動販売機はベランダ西側の潮芦屋ビーチ近くのトイレのところと、ミズノ駐車場にありますが、南面、東側には自動販売機はないので、飲み物は必ず持参してくださいね。

各ポイントと釣れる魚と釣れる時期

かなり広い釣り場なので少しずつ釣れる魚が違いますが、概ねアジサバイワシのサビキ3兄弟に加えサヨリはどこでも釣れます。春先はツバスブリの子)やグレ、夏場以降はタチウオ釣りの釣り人で賑わいます。釣り物が少なくなる冬場はチヌハネを狙う方々が目立ってきます。 このグラフは2017年の春から2019年の春までフィッシングマックスの釣果情報から掲載された魚の出現数をグラフ化したものです。
フィッシングマックスさんの釣果情報から(お気楽オヤジの釣り日誌分析)
サビキで楽しめるアジサバイワシ。夏場はサヨリ名人たちも登場です。ウキ釣り、ルアーで楽しめるタチウオ。根魚狙いならガシラメバルタケノコメバル含む)。ハマチツバスがほとんど)、秋になると大きくなったメジロや時にはブリも釣れます。

アジは6月ころから10cmほどの豆アジが釣れ始め、6月頃には少し大きい25cmくらいのめくりアジが釣れることもあります。秋頃から18cm前後のものが多くなりサビキ仕掛けに4匹、5匹とかかることも多くなります。年末年始くらいまで釣れます。

サヨリはほぼ夏場がピークで晩秋になると30cmくらいの大型が狙えます。

サバは2月の厳冬の時期前後以外は釣れますよ。サバも秋頃から大きくなり、25cmから30cmくらいまでの大きさも釣れます。

このグラフで注目するのはイワシです。サゴシサワラの幼魚)、タチウオハネスズキ)などのフィッシュイーターが好んで食べるベイト(エサ)です。夜明け前にはナブラ(イワシが大型魚に追われて水面を跳ねる現象)を見ることも多いです。イワシが良く釣れる時期を抑えておくと、いずれかのフィッシュイーターが釣れる時期と相関関係があるかもしれません。ただいま調査中。
フィッシングマックスさんの釣果情報から(お気楽オヤジの釣り日誌分析)
お次はお待ちかねのタチウオです。サゴシも一応見てくださいね。

タチウオは9月中旬から12月下旬までです。前半はイワシのピークと重なっています。後半はアジのピークと重なています。タチウオが大きくなって、捕食するエサがアジくらいの大きさになるんだと思います。11月くらいからドラゴン(指の幅5本分の大型タチウオ)が釣れ始めますよ。

サゴシは春にも釣れますが、タチウオ狙いでメタルジグを投げた時にも釣れたりします。実際に自分も釣れたこともあるし、他の方が釣れたのも見たことがあります。サゴシはだいたい上層で釣れますね。
フィッシングマックスさんの釣果情報から(お気楽オヤジの釣り日誌分析)
チヌハネなど大型魚は住み着いている魚なので、年中狙えます。寒い時期はほぼエビ巻き釣り、春先からフカセ釣りルアーなど。時にはアジをエサに呑ませ釣りなども。チヌに限ってはイガイやカニをエサに落とし込みで釣り場を歩き回る落とし込み師をよく見かけます。サビキ釣りのアミエビにチヌも寄ってくるので、サビキ釣りをしていると潮の流れていく方向から、落とし込み師が現れたりします。
フィッシングマックスさんの釣果情報から(お気楽オヤジの釣り日誌分析)
さすがに冬場は少なくなります。冬場にチヌハネを釣る方々は、かなり年季が入ったベテランさんですね。

南芦屋浜ベランダ東側

東側駐車場(正式名:南緑地東駐車場)は8:30から利用できます。ここは南芦屋浜ベランダで一番新しい駐車場(写真左側)で、写真の奥に見えるように男女別の水洗トイレもあります。駐車場が空くまで路駐している人もいますが、皆さんはしないでくださいね。

もし、8:30前から東側で釣りたいのなら、中央駐車場に止めましょう。10分ほど歩けば東側へたどり着きます。
東側には近くにヨットハーバーがあり、風にふかれて走るヨットをのんびり見るだけでもこころが癒やされます。
dsc_2639
中央と同じく柵があり安全に釣りができます。 東側では春にエビ撒き釣りハネがよく釣れるようです。もちろん夏から秋にかけてはサビキ釣りでマアジサバサヨリを釣る人も多いです。でも、初心者がチャレンジしてもそう簡単には釣れるものではありません。何回か通って、達人たちの釣り方を研究するのがよさそうです。私もセイゴしか釣れたことはないです。

東側には完全会員制のリゾートホテルとヨットハーバーがありますが、ここの会員になれる人はごく一部のお金持ちなのでしょうね...
先輩の水上バイクに乗せてもらい海から撮影しました
ヨットハーバーが近いのでそこで生息している、居ついたチヌも狙えます。ちなみにヨットハーバーは釣り禁止ですのでご注意を。 梅雨前後からイシゴカイをエサにウキ釣りで手のひらサイズのグレもよく釣れます。 もちろん秋のハイシーズンにはちろんタチウオも釣れます。ルアーでサゴシが釣れたのを見たこともあります。

ベランダ中央

南緑地西駐車場の南が南芦屋浜ベランダと呼ばれる場所です。24時間空いていて、ベランダ中央に隣接している中央駐車場(正式名:南緑地西駐車場)に車を止めるのが便利です。
男女別の水洗トイレもここにあります。 寒い時期にはエビ撒き釣りハネ、GWあたりからカタクチイワシが釣れ始め、夏になるとアジサヨリサバ、秋になるとファミリーはサビキでマアジ、ルアーでタチウオハマチサゴシなど青物を狙うルアーマンがたくさんいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました