2018/10月中旬平日の舞洲でサビキ爆釣タチウオおまけ

【釣行記】舞洲

2018年10月15日(月)に有給休暇を取って奥さんと一緒に舞洲の夢舞大橋したのポイントへ行ってきました。

目的は、奥さんの爆釣サビキ釣りを目指してです。

前回は休みの日の早朝に出発したにもかかわらず、時すでに遅し。

2018体育の日の3連休、夢舞大橋下でタチウオ、アジ狙い
体育の日前日の2018/10/07に大阪舞洲の夢舞大橋下へタチウオ&サビキでアジを狙いに、奥さんと小学生の娘と一緒に出かけました。 現地に着いたのは5j時頃でしたが、既に大橋の下は満杯状態。 入り込めるスキがなく、しかたないので...

朝5時には釣り場はいっぱいで、目的のポイントに入れなかったので、平日休んでの釣行です。

今回は朝が弱い奥さんのために、夕方釣行としました。

舞洲へ到着したのが15時前、橋の下の駐車場ポイントはガラガラでした。

いきなりアジ釣れますやん

橋桁の下には常連さんらしいおじさんたちがアジを釣っていました。

どうやら橋桁のあたりがよく釣れるポイントのようです。

飛ばしサビキで写真真ん中の少し青い橋桁あたりまで投げて釣られていました。

我々はウキは使わず、岸から垂らしてアジを狙います。

奥さんがいつも使っていたダイワ 小継せとうちは前の日に折れてしまったので、この日はかなりヘビーな4-450遠投カゴ竿を使ってもらいました。

南芦屋浜北水道でサビキをしてたら竿が折れた、小継せとうち引退
2018/08/14(日)に会社の先輩と南芦屋浜北水道の真ん中あたりに行ってきました。 午後3時ころとはいえ、人気の芦屋浜場所が確保できるかどうか? ? 予想に反して北水道中央あたりはガラ空き。 東も。 ...

女性にとってはかなり重たく、竿と4号リールを合わせると800gくらいあると思います。

小継せとうちの時には総重量400gくらいだったので、倍くらいの重さです。

ちなみに、手には使い捨てのゴム手袋、帽子とサングラス。

決して素手では魚を触りません。

サビキ用竿を奥さんが使っているので、私は1.5-540の磯竿です。

これに小さいロケットカゴとサビキ仕掛け、その下に3号のオモリを付けました。

小さいぶっこみサビキ仕掛けですが、今回はぶっこまず手持ちです。

エサは奥さんが新製品、キラキラアピールのマルキューアミ姫キララです。

私が使ったのはヒロキューのにぎっていれるだけです。

今回は2つのエサの効果の検証もしてみます。

開始5分、奥さんのキララにマアジが掛かりました。

13cmくらいの小アジですが、お持ち帰り可能なサイズです。

ほどなく私のにぎって入れるだけにもマアジがかかってくれました。

う~ん、今回は小アジ中心になりそうな予感です。

が、おなじみ中くらいのサバもかかります。

大きいので25cmくらい、魚屋さんでぎりぎり売られているサイズです。

中サバがかかると仕掛けはグチャグチャ。

奥さんも私も3回くらい仕掛けが絡まり修復までのロスタイム各自20分くらいでした。

まずまず順調な滑り出しです。

釣り過ぎじゃね~の?

日が暮れるにしたがって、マアジが釣れる間隔が短くなってきました。

時々ウミタナゴヒイラギも釣れました。

魚たちの活性は高いです。

16時30分時点で中サバ6匹、マアジは?たぶん20匹は釣っているのでは?

ある懸念事項が脳裏をかすめました...

もしかすると、この釣った魚はすべて自分がさばくんじゃない?

...

...

ちょっとペースを落とすか?

...

ちょうど頃合いも良く、周りでもワインドを始めた人がいらっしゃったので、私はタチウオ釣りに切り替えました。

今回もZZヘッドにマナティーです。

となりのおじさんが、タチウオゲッターらしい仕掛けで、最初の1本を仕留めました。

それを見て、私もタチウオスイッチが入り、ルアーを投入してカウントし、いろいろな深さを探ってみました。

17時前にピンク系のマナティーにあたりがあり、確認するとタチウオがかみついたと思われる跡がありました。

写真は翌日自宅で撮影したものですが、マナティーの真ん中あたりが切れてました。

夕暮れまじかの17時30分頃に、マナティーをルミノーバにタイプに変えて、UVライトで光らせ、岸から50mくらいのところに投げ込み、カウント8くらいで探っていました。

しゃくりを5回くらい入れたところで、ダイワのシーバスハンターX ML86が重くなったので、タチウオが乗ったと判断し、巻き合わせながらテンションが抜けないように慎重にタチウオを引き寄せました。

久々の南芦屋浜でシーバスハンターXを試す
8ヶ月ぶりに南芦屋浜のベランダへ行ってきました。 11月くらいまでは人が多すぎてなかなか行く機会がありませんでしたが、去年と同じく12月になって少し人が減ったので行くことにしました。 朝4時30分出発し、いつものようにフィッシン...

岸に近づいてくると銀色の魚体が現れ、タチウオであることを確信しました。

今期初のタチウオ、抜きあげるときが一番バラス確率が高いので、テンションをかけたままロッド先端を海面と水平になるまでおろし、一気に抜きあげると念願のタチウオがついにランディング。

大げさに書きましたが、指3本のアベレージサイズでした。

とりあえず、今年最初の1本で一安心。

周囲の方々も釣れている人はポツリ、ポツリという感じです。

日が暮れてもしばらく続けましたが、夕飯時になったので18時頃に終了しました。

夢舞大橋下の駐車場の前がすぐ釣り場

ちなみにここのロケーションは最高です。

駐車場のすぐ後ろが釣り場になっています。

駐車場は1時間200円、平日最大900円、土日祝日は最大1,000円です。

電気自動車のチャージポイントでもあるようです。

ちょっとだけ距離がありますが、歩いて5分でトイレにも行けます。

最高のロケーションです。

2018/10月中旬平日の舞洲での釣果は?

じゃ~ん!

久々の爆釣です。

リリースはアジが10匹、サバも10匹ほどです。

持ち帰りはサバ6匹、アジ40匹、タチウオ70cm指3本が1匹でした。

この3/4は奥さんが釣った魚です。

私がタチウオ狙いに切り替えた後も、コンスタントに釣っていました。

おかげ様で、今回の3枚卸は3時間かかりました。

アジは南蛮漬け、アジハンバーグ、サバはかば焼き、タチウオはシソの挟み焼きにしていただきました。

次に行くときも、平日休んでいきたいですね。

釣れるポイントにさえ入ることができたら、皆さんもこれくらいは軽く釣れると思いますよ。

舞洲の釣りおすすめです。

コメント