タフでしなやかダイワ(DAIWA) シーバスハンターX86ML

【ポチッとお手軽フィッシング】

30gのジグパラ、5/8oz(18g)のZZヘッドでタチウオを仕留めるために2017年に買ったのがダイワのシーバスハンターX86ML

1年間使ってみたのでまとめてみたいと思います。

リールシート先端から元ガイド部のブランクにはX状にカーボンテープを巻き、ネジレを抑えるブレーディングXとダイワが読んでいる強化構造を搭載しています。

ガイドはラインの絡みを自動的に解除するKガイドが使われています。

ガイドのリングはオールSiCPEライン使用時もスムーズに放出される快適な釣りが楽しめます。

オリジナルリールシート、レッド×ゴールドのアルマイト、美しい仕上がりになっている私のお気に入りシーバスロッドです。

私が選んだ5つの理由

  1. 30gのルアーが思い切って投げられること
  2. PEラインをトラブルなく使えること
  3. 軽くて扱いやすいこと
  4. 価格がお手頃な1万円ちょっとであること
  5. かっこいいこと

では選んだ理由を1つずつ説明します。

30gのルアーが思い切って投げられること

シーバスハンターXを買う前に30gのルアーを投げて使っていたのはシマノのセフィアBB R S80Mでした。

万能ロッドはシマノセフィアBBできまり
万能ロッドと呼ばれるものに、シーバスロッドとエギングロッドがありますよね。 自分なりに検討した結果、少しコンパクトでしなりのあるエギングロッドを選択することにしました。 いろいろあ~でもない、こ~でもないとグダグダ考えた結果です...

エギング用のロッドで最大4号のエギを使うことができます。

グラムに直すと24gなので、30gのルアーはちょっとスペックオーバーでしたが、一応ロッドをしならせながら投げてました。

50㎝近くのサゴシを抜きあげることはできましたが、ちょっと不安を抱きながら使っていました。

オカから釣れるサゴシハマチタチウオなんかはもっと安心して釣りたいという不安要素解消のためにこのロッドを選びました。

シーバスハンターXにはブレーディングXという技術が使われています。

リールシート先端から元ガイド部ににはX状にカーボンテープが巻き付けられています。

写真の左半分のDAIWAのロゴあたりにカーボンテープがクロスに張り付けられています。

この補強によって7g~35gまでのルアーを投げることができるそうです。

最近はこのロッドで主にタチウオをねらっていますが、30gのジグパラスローも、5/8ozのZZヘッドもなんの不安もなく遠投しています。

 

PEラインをトラブルなく使えること

メタルジグを軽快に投げるためにはPEラインが必須の条件になります。

セフィアBBもALL SiCガイドで、PEラインが滑らかに放出されることはわかっていたので、シーバスハンターXも滑らかだろうと想像がついていましたが、使ってみると滑らかさは格段上でした。

驚異のK構造・改訂版

そもそもエギングロッドとシーバスロッドでは用途が違うので当たりかもしれません。

エギングロッドよりも大きいガイドかつKガイド採用、いまだラインが絡まったことはありません。

軽くて扱いやすいこと

自重は140g、私が使っているSONYのスマホXperiaとほぼ同じ重さです。

シマノのシマノ リール 15 セドナ 2500S(250g)と組み合わせて使っていますが、重いと感じたことはありません。

もう一本のお気に入り、シマノ ルアーマチックスピニングS80Lの自重が135gということもあり、違和感がないのかもしれません。

愛用のシーバスロッド ルアーマチックスピニングS80L
最近一番良く使っている竿がシマノ ルアーマチックスピニングS80Lです。 釣り具、自転車部品の一流メーカーであるシマノが作った廉価版の売れ筋ロッド。 お父さんの小遣いの範囲で買える、庶民の強い味方! 私が愛用するアイテムの...

長さもルアーマチックの8フィート(2.44m)よりも15cmだけ長い8フィート6インチ(2.59m)です。

平均的な日本人女性でも問題なく扱える長さです。

これもポイントの1つ、電車で移動するときなどロッドケースに入れますが、仕舞寸134cm、私が持っているスタンダードサイズの内径137cmのロッドケースにぎりぎり入ります。

価格がお手頃な1万円ちょっとであること

ダイワ シーバスハンターX 86MLのスペックです。

全長(m)2.59
仕舞(cm)134
継数(本)2
自重(g)140
先径/元径(mm)1.8/11.9
ルアー重量(g)7-35
ライン(ナイロン lb)8-16
ライン(PE 号)0.6-1.5
カーボン含有率(%)96

ブレーディングXオールSiCガイドKガイド、7gの軽めのルアーからよく飛ぶ30gのメタルジグまで扱えます。

上位機種のダイワ ラテオ 86ML・Qと比べてみます。

全長(m)2.59
仕舞(cm)134
継数(本)2
自重(g)128
先径/元径(mm)1.6/11.9
ルアー重量(g)7-35
ライン(ナイロン lb)8-16
ライン(PE 号)0.6-1.5
カーボン含有率(%)97

数値的にはあまり変わりがないように思いますが、大きな違いはブレーディングXではなく、X45を使っているところです。

去年の正月に弟のラテオを使わせてもらったことがあります。

言葉では伝えにくいですが、ルアーを投げた後ロッド先端がブレずにカチっと止まる感じでした。

あくまで、個人的な意見です。

でも、ルアーでの釣り経験が浅い私にとってはシーバスハンターXとあまり変わりなかったですね。

価格の差は2018/10/29現在、ラテオ 86ML・Q15,833円に対しシーバスハンターX 86MLは11,061円、差額4,772円。

この差額でラインとルアーが買えますね。

かっこいいこと

夜明けの海に映えます。

グリップは黒にゴールド

KガイドブレーディングX

ブレーディングXが施されたブランクスの上にDAIWAのロゴ。

トップガイドはちょっと大き目、ラテオよりも2mm大きい1.8mm。

ダイワ シーバスハンターX 86ML

ラインナップ

メガトップ採用の3gのルアーから扱える86LL-Sから60gのルアーを扱える100MHまでラインナップが取り揃えられています。

■86LL-S
バチ抜け時のショートバイトも柔軟かつ高感度なトップでフッキングに持ち込める「メガトップ」搭載モデル。

■90L
オープンエリアでミノーやバイブレーションで広く探るオールラウンドモデル。

■86ML
港湾攻略に欠かせないルアーを自在に撃ち込むアキュラシー重視モデル。

私も使っています。

手ごろな価格で取り扱いやすいロッドです。

■90ML
引き抵抗の強いルアーも自在に操るパワーを併せ持つパワーラウンドモデル。

■96ML
サーフや大河川河口、大型堤防など遠投が求められるフィールドで威力を発揮するモデル。

■100ML
サーフや大河川河口で重量級ミノーやバイブレーション、ジグを気持ちよく飛ばせるモデル。

■90M
重量級バイブレーション・ブレード系&鉄板系ベイトなどをテクニカルに操ることができるパワーモデル。

■96M
重量級ルアーをフルキャストし、魚をパワーでねじ伏せるロングパワーロッド。

■100MH
強引なゴリ巻きファイトで大物も一気に取り込む磯ヒラスズキ・マルスズキ対応モデル。

タチウオ釣りにちょうど良い長さとしなり

実は私が86MLを買った決めセリフがこれでした。

湾岸攻撃に欠かせないピンスポット撃ちでもルアーを自在に打ち込んでいくアキュラシーモデル。

今年は波止からタチウオをねらっています。

夕方までは岸から遠いところを、30gのジグパラオールグローで狙います。

日が傾きかけたらZZヘッド5/8ozマナティーワインド釣法の開始です。

ちょうど良いしなりでジグヘッドをダートさせています。

リールは2500番から3000番くらい、PEライン1号前後を使っています。

最近はシマノ 15 セドナ2500Sが多いですね。

タフでしなやかダイワ(DAIWA) シーバスハンターX86MLのまとめ

この記事をまとめ、改めてシーバスハンターXの良さを再認識しました。

入門者用のルアーマチックやリバティークラブなどを卒業した後に使うにはちょうど良い価格と性能だと思います。

ちょっと見た目かっこいいし、釣上手な人に見られるかもしれません。

タチウオとかサゴシとか釣るのには全く問題のないパワーを持ち合わせています。

おそらく、ハマチくらいなら抜きあげられそうな感じです。

※実際に釣れたことはございません。

シーバスハンターX86ML

初心者卒業時のロッドにいかがでしょうか?

 

 

コメント