\ ポイント最大11倍! /

もう足裏カイロは不要!万全の防寒対策RVウィンターブーツ

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ

もう足に貼るカイロはいらない

真冬の釣り、防寒具は必須です。ヒーターベストで上半身は温かく快適になりましたが、足元がやはり冷える。去年までは足の裏に貼るカイロを使ってましたが、足裏は温かくなりますが足の甲のあたりはやはり寒い。足全体を温かく保てる方法はないかと探し当てたのがRivalleyのRV ウィンターブーツ、冬の釣りが快適になりました。

目次

リバレイのRVウィンターブーツを買ってみた

冬用に買ったブーツは双進が手掛けるリバレイフィッシングギアのFootwearの一つ、RV ウィンターブーツです。

購入の決め手になったのは...

温かそうだから。

それにそこそこお手軽価格だったので。

ダイワとかシマノのものもありますが少し予算オーバーだし、特にダイワのものは街中で履くのちょっと恥ずかしいんですよね。ロゴが。

それで少し控えめなものを探していて見つけました。

いつものように、ポチッとやって届いたのがこちら、Rivalley(双進)のRVウィンターブーツ

RVウィンターブーツ
RVウィンターブーツ

新品はマットなブラックで、タウンユースできそうなデザインです。

新品はきれいですね
新品はきれいですね

簡易防水となっています。防水範囲はくるぶしの下あたりまでです。

私自身は海水に浸かりながら釣りをすることはありませんが、波打ち際で釣りをしていた時に波が押し寄せてきて靴が浸水するというアクシデントは無くなりそうです。

雨の日にレインコートを着て釣りをすることはやめたほうがよさそうです。

セミウォータープルーフ(簡易防水)設計で様々なフィールドで使用可能。
インナーは裏起毛なので気温の低い時期でも暖かく釣りはもちろんタウンユースでの使用もおすすめ。
※完全防水ではございません。
レインブーツではありませんので雨の中長時間の使用は毛細管現象により内部に水が侵入してくることがございます。

出典:RVウィンターブーツ
RVウィンターブーツの説明書
RVウィンターブーツの説明書

足のフィット感と温かさ

サイズは少し小さめです。私は普段25.5cmから26.0cm位の靴を履いていますが、RVウィンターブーツは26.5cmでちょうど良い大きさでした。

冬用の靴下を履くのなら2周り大きめ
冬用の靴下を履くのなら2周り大きめ

冬用の靴下をはいてウィンターシューズを履くならば、普段はいている靴よりも2まわり大きめがよさそうです。

足へのフィット感はよく、シューズを履いて車を運転してもアクセルやブレーキの加減は、スニーカーを履いた時よりも若干感度が悪いくらいで、問題なく運転できます。

私の場合だけかもしれませんが、少しだけ注意する点がブーツの内側一番上の紐をひっかけるフック。

反対側の足のフックが時々引っ掛かって、コケそうになります。

1日履いていると1回はコケそうになるので、なるべくガニマタで歩くようにしています。(^^♪

足の保温性は抜群で、気温5℃くらいでもシューズの中は全く寒くありません。

ぽかぽかの状態が保たれています。おそらく気温ゼロ度でも大丈夫だと思います。

シューズの中が温かいので太ももあたりの寒さが強調されてしまうのがデメリットなんでしょうか?

大きな問題点もなくほとんどの時間は極寒の冬を快適に過ごせていますよ。

お手入れ簡単水で流すだけ

釣行後のRVウィンターブーツです。

須磨でサーフを歩き回ったので細かい砂がブーツ下のほうに付着しています。

釣りに行った後なので汚れてます
釣りに行った後なので汚れてます

ブーツの上部はあまり汚れませんが、汚れた場合は濡れたタオルなどでざっと拭くと汚れが取れます。

ブーツの下は防水なので水洗いします。

ブラシでこするとすぐに汚れが落ちます。

汚れ落としはブラシが有効
汚れ落としはブラシが有効

乾かすときは風通しが良い日陰で、合成繊維なので石油ストーブなど高温の熱源に近づけないようにしてくださいね。

ポイント

洗わずに一冬越すと錆びてました。海での釣行後は必ず水洗いしましょう。

RVウインターブーツメンテナンスが甘かった
RVウインターブーツメンテナンスが甘かった

サーフや敷石で使ってみた感想

波止で使うのは全く問題なし。普通の靴と変わりません。

須磨の砂浜を歩きまわると、多少砂がブーツの中に入ってきます。

ブーツの底のパターンは歩いた時に砂を若干巻き上げ安いのかもしれません。

くるぶし部分から侵入します。

RVウィンターブーツの底
RVウィンターブーツの底

まあ、スニーカーを履いて砂浜を歩き回るのに比べると、ほとんど気にならないレベルです。

海水をかぶって海藻がうっすら敷石の上に乗っているところは滑ります。

普通のスニーカーでも滑りますが、RVウィンターブーツも滑ります。

いかにも滑りそうな敷石はNG
いかにも滑りそうな敷石はNG

スパイクシューズやフェルトシューズではない、ラジアルシューズなので、普通の靴と思っておいたほうがいいです。

試しに海水が掛かった敷石の上を歩いてみましたが、滑るので2,3歩あるいて止めました。

重量感はというと、メーカーのキャッチ「軽量セミウォータープルーフ防寒ブーツ」にもあるように、見た目よりかなり軽いので5~6時間歩き回ってもスニーカーを履いているときと同じくらいです。

特にRVウィンターブーツを履いているから疲れるということはありませんでした。

やはり、なんといってもこのブーツ、足の寒さを気にすることなく釣りに集中できる優れものでした。

RVウィンターブーツのまとめ

今までの冬場の釣りは何だったんでしょう、本当に暖かいです。真冬には足の裏用のカイロを貼り付けていましたが、その必要が無くなりました。

セミウォータープルーフ(簡易防水)設計で、水際でも靴への浸水を気にすることなく釣りができます。

冬場のロックフィッシュゲームにも最適、今年買ってよかったアイテムの一つです。

双進(SOSHIN)
¥8,324 (2024/05/25 15:33時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

特にSサイズだけ、4,000円前後となっているので、今がチャンスかもしれませんよ。

皆様も冬の対策にRVウィンターブーツいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次