メイホウクリアケースC-800NSでVS-7055の小物整理

よく使う小物類の整理

釣りに行くといつも思っていました。小物が多すぎてすぐに使いたいアイテムが取り出せない。釣れないときほど仕掛けをいろいろ変えながら試したくなるのですが、小物入れの中をガチャガチャ触って必要なものを取り出すのに時間を費やしてしまいます。 今回はこんな小物をコンパクトに取り出しやすくするための小物収納のご紹介です。

いつも持ち歩いている小物の種類

魚種に絞って必要なものだけを持ち歩けばよいのですが、あれもこれもと考えていろいろ持ち歩いています。
よく使う小物類
よく使う小物類
コンパクトにまとまっているのですが、1つの小物の区切りに複数種類の小物を入れています。サルカン、ウキ止め、ウキのスナップ、シモリ玉、からまん棒、六角オモリ、中通しオモリ、ルアーのスプリットリング、スナップ...たくさんあります。サルカン1つでもサイズが複数ありスナップ付きもあれば3つ又のものもあります。
釣りの小物ごちゃごちゃ
釣りの小物ごちゃごちゃ
この中から目的のものを取り出すのに時間がかかるだけでなく、何を入れているのか自分でも忘れてしまうときがあり、同じものを複数回買ってしまったことも多々あります。 一目で道具がどこに収納されて入れているの分かりやすく、すぐに取り出しやすいツールケースを探し求め、釣具屋さんではなく小物類をいつも整理して使っているプロ、電気工事屋さんや大工さんが通うホームセンタースーパービバホームへ行きました。ツールボックスのコーナーへ行き、良さそうなものを探してみました。 選定の基準は自分が持っているメイホウのタックルボックスVS-7055に入るちょうど良いサイズのメイホウのケースです。

メイホウクリアケース C-800NSを選んだ理由

小物が入るケースは何個か並べられていました。サイズはメイホウランガンシステムボックス VS-7055のサイズ313×233×222mm入るものかつ、あまり大きくなくケースの中の区切りがたくさんあるものです。 ちなみにVS-7055に入るかどうかはメイホウのサイトに記載されています。 私が選んだのはメイホウクリアケースC-800NS、サイズは205×145×28mmです。メイホウのサイトには以下のように書かれていました。
浅型タイプ VW-2070、VW-2055、VS-7070、VS-7055下段にシステム収納可能 VS-E6552にシステム収納可能出典:明邦化学工業株式会社
いろいろなバリエーションがあるので、どのツールケースに入るのか記載されているのは助かります。
メイホウC-800NS
メイホウC-800NS

C-800NSは仕切りがたくさんあります

そもそも多くの種類の小物を整理するので仕切りが多いほうが良いです。24枚の仕切りがついているので最大28の区画に区切ることができます。 1つ1つの区切りは最小3.2mm、小物をつまむときにぎりぎり2本の指が入るスペースが必要なので、最小で使うときにはピンセットが必要ですね。
C-800NS区切りは自由に変更可能
C-800NS区切りは自由に変更可能
私の指のサイズであれば、5マスか6マスくらいないとサルカンなどの小さいものをつかむことができません。

C-800NSは収納したものが混ざりません

VS-7055に収納する時にはケースの長い辺を下にし、蓋が垂直に立つようにして収納します。
VS-7055の長辺に収納します
VS-7055の長辺に収納します
フタと収納スペースの間に隙間ができると、小さいサルカンなどせっかく整理した間仕切りを超えて、他の小物を入れているところに混ざる可能性があります。でもC-800NSは大丈夫、メイホウさんの折り紙つきです。
フタと間仕切りがジャストフィットしているので、細かい収納物が混ざる心配なし!
実際に小物を入れてケースを上下ひっくり返してみましたが、大丈夫でしたよ。
C-800NSを逆さにして小物が移動しないことを確認
C-800NSを逆さにして小物が移動しないことを確認
ケースを振っても大丈夫でした、混ざりません。

メイホウC-800NSですっきり仕分け完了

見た目はあまり変わらないように見えますが、小物の種類ごとに綺麗にまとまりました。オモリは少し大き目のスペースに、小さいものでも良く使うものは仕切りを大き目にして取り出しやすくしました。
仕分け完了C-800NS
仕分け完了C-800NS
私がスーパービバホームで買った価格は753円でしたが、amazonで見るとネットのほうが安かった! amazon恐るべし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました