第2波か?ソーシャルディスタンスで
PVアクセスランキング にほんブログ村

自作ジギングサビキ西宮ケーソンで釣れました

この記事は約4分で読めます。

自作ジギングサビキ

5時間粘ってやっと自作ジギングサビキでサバが釣れました。市販ではなく自作のジギングサビキで釣れたことに無茶苦茶感動しました。隣では小学低学年の男の子がサビキで普通にサバを釣ってたんですけどね。

自作ジギングサビキでの初釣果です。

ファミリーがサビキでサバ

西宮ケーソンへ着くと、ファミリーがたくさんいらっしゃいました。入口から入っていくといきなりサビキでサバをたくさんかけていました。南芦屋浜、西宮浜西側石畳で4時間粘って釣れなかったサバがどんどんサビキにかかっています。

ファミリーがたくさんいました

やはりサビキは最強メソッドですね。エサ釣りには勝てませんかね~、やはり。

南側を見てみると、南芦屋浜同様に大雨で流れてきたゴミがたくさん流れていました。

ゴミがないところへ自作ジギングサビキを投入してみましたが、反応はありませんでした。

ちなみに、飛ばしサビキでは女性の方がサバをそこそこ良いペースで釣られていました。

流木、ゴミいっぱい

私の仕掛けには掛かってくれません。

足元はこんな感じでたくさんゴミが漂着していました。

外向きの足元はゴミだらけ

近くでフカセをしていたおっちゃんは、朝4時入りしたそうで、スカリの中にチヌを1匹入れてました。上手いかたは厳しい状況でも釣れるんですね。もっと勉強せねば...

ゴミの浮遊が少ない北側に向かって内側で釣ることにしました。

ついに来た待望の1匹はサバ

小学校低学年くらいの男の子がサビキでサバを足元で釣っていました。近くの60代くらいのおじさんたちは釣れてませんでした。何が違うのか?

流石にたくさんサバがいそうなので釣れるだろうと初陣の自作ジギングサビキを投げてフォールさせ、あたりがないので振り幅控えめのワンピッチジャークをしていると、

やった!

10:34ついにきました1匹目のサバ。体長20cmくらいのサバでした。4時間半粘ってやっときました。マルフジのオーロラサバ皮でした。

マルフジのオーロラサバ皮

その30分後、足元でしゃくっていると掛かりました。

こちらも上のマルフジのオーロラサバ皮に喰ってきました。

こちらもオーロラサバ皮やな

釣れたのはこの2匹だけ、なかなか厳しい自作ジギングサビキのデビューでした。

西宮ケーソン内側はイナッコが大発生

ジギングサビキで粘っているときに当たり一面、ボラの子、イナッコが至るとこで海面を飛び跳ねていました。まさにダイワのシーバスロデムイナッコと同じくらいのサイズのが。

イナッコパターンにはダイワ シーバスロデム イナッコ

もちろんこいつをナブラの中に投げ込んでやりましたよ。

残念ながら反応は全くありませんでした。

足元を40cm~50cmくらいのシーバスが海面近くまで浮いてイナッコを追いかけているのが見えました。見えているのに釣れないんですよね。自分にはよくある話です。

シーバス釣りしている方は、こんな状況下でもきっと釣れるんでしょうね。

まだまだ、修業がたりません。

次回、西宮ケーソンへ行くことがあれば、早朝にシーバス一本に絞ってチャレンジしたいと思います。

自作ジギングサビキで釣れました

市販のジギングサビキで釣れるのはもちろん、自作のジギングサビキでもサバは釣ることができました。

サバが喰うということは、ツバスが回遊していれば必ず喰ってくれるはず。

ツバスが回遊してきたら釣りたいと思います。

今回はサバ2匹だけだったので何とも言えませんが、2匹ともに下の写真の装飾控えめなマルフジのオーロラサバ皮に掛かりました。左に比べティンセルの長さを半分にしたものです。ちょっと控えめなほうが掛かるのかな?

5時間使った自作ジギングサビキは健在

たくさん釣ってみないと優位性は分からないですね。

しかし、やはりアミエビを撒いて釣るサビキは最強だとつくづく思い知らされました。

小学低学年の男の子にも、女の子にもかないませんでした。

小さいお子さんを楽しませるなら、やはりサビキ釣りが一番ですね。

その横で1匹が釣れる喜びを味わいたいのなら、自分で作ったジギングサビキで釣りましょう!

20cmほどのサバで無茶苦茶感動することができました。

皆様も是非お試しください。

タイトルとURLをコピーしました