広告 ロッド

コルトスナイパーBB S100MH-3で始めるショアジギング

PVアクセスランキング にほんブログ村

本格的ショアジギングに突入か?

阪神間のおかっぱりでできる釣り方の最終系として、ショアジギングをやってみます。西宮界隈で青物の最盛期となる10月から11月に向け、1つずつアイテムを揃えます。まずは、シマノのコルトスナイパーBB S100MH-3を買いました。とりあえず、シーバス用の4000番リールと組み合わせ、いろいろなルアーを投げて試しました。 

初めてのショアジギングロッドは何が良いか?

去年、広い場所ならメジロクラスをシーバスロッドでとれるだろうと、セットアッパーを投げてました。

60cmのシーバスがかかったときは、なんなくランディング。まったく問題なしでした。

しかし、そのあと青物らしき引きの魚を2回、ラインブレイクで逃しました。

セットアッパー2個のロスも非常に痛かった。

青物に主導権を取られてたまるか!

今まで使っていたシーバスロッドMLでは到底無理。

それで、シマノのエンカウンター96Mを買い、ダイワのレグザ4000番と合わせてのぞむつもりでしたが、皆様のご意見やら動画を見ているうちに無理そうな気がしてきました。

何が無理なの?

周りに人があまりいない場所なら、ゆっくり魚を弱らせながら、足元まで引き寄せる作戦が取れます。

しかし、10月ころの青物最盛期には、阪神間の波止という波止は人で埋め尽くされます

お隣さんとの間隔が2mくらいの時などざらです。

青物が横に走り隣の方のラインと絡ませたりすると、非常に迷惑です。

運よく魚がかかったら強引に真っすぐ引き寄せることができる強力なロッドとリールが必要です。

シーバスロッドでは無理だとの結論に、あしかけ3年でやっとたどり着きました。

それで、安くて初心者向けだが、そこそこ信頼できるショアジギングロッドを探しました。

ポイントは4つ。

  1. 10フィートの比較的扱いやすい長さ
  2. 持ち運びが便利な3ピース
  3. メジロ(ワラサ)サイズを軽く寄せられること
  4. 価格は20,000円以下

4つのポイントを満たす信頼できるメーカとしてはダイワとシマノ。

ダイワはジグキャスター、シマノはコルトスナイパーBBです。どちらも価格は20,000以下。

どちらも使ったことが無いのでロッドパワーはわかりませんが、メジロくらいなら軽く寄せられるでしょう。

3ピースがあるのはシマノ コルトスナイパーBB

それに、最近シマノのリールの内部構造を調べるうちに、SW用のリールもシマノが使いたくて...

コルトスナイパーBB S100MH-3

買っちゃいました、コルトスナイパーBB S100MH-3

初めてのショアジギングロッドです。

今までシーバスロッドを中心に使ってきたので、比べてみるとかなり太いです。

コルトスナイパーBB

私の愛用シマノのエンカウンター96Mの自重が145gに対し、コルトスナイパーBB 100MH-3は290gもあります。

倍の重さですからかなり違います。持った感覚は投げ竿くらいの重量感です。

パッケージにはちゃんと対象青物のサイズが記載されていました。4~6kgなので、ちょうどメジロクラスです。ちなみに8kg以上はブリになるらしい。

S100MH-3はメジロにぴったり
S100MH-3はメジロにぴったり

簡単にスペックをご紹介。

  • 全長10'0"=3.05m
  • 継方式 逆並継
  • 継数 3
  • 仕舞寸 109.7cm
  • 自重 290g
  • 先径 2.3mm
  • ジグウェイト MAX80g
  • プラグウェイト MAX65g
  • PEライン MAX3号

特徴はハイパーXステンレスフレームKガイド(オールダブルフット)Fuji DPSリールシート+緩み止めロックナットです。

ハイパーXはエンカウンターでも使われているので、私にとっては珍しくないですが、Wフットのガイドは物珍しさのあまり、しばらく見とれてしまいました。

この頑丈さなら青物も行ける!
この頑丈さなら青物も大丈夫そう!

地味にうれしいのが緩み止めのロックナット。シーバスロッドとか長時間振り続けると、緩んでくることがありますが、抜け落ち防止の機構があるので安心です。

何回か使ってみましたがガタつきませんよ
何回か使ってみましたがガタつきませんよ

まだ、SWリールは無いので、ショアジギングロッドに対してちょっと小さいですが、ダイワのレグザ4000番で使い心地を試してみます。

コルトスナイパーBB S1000MH-3を試し投げした感想

まずは2000ccのSUVのトランクに入れてみると、少し残念。

トランクルームって案外狭いですね

あとでトランクルームの横幅を測ってみると、950mmやった。10cmほどオーバーでした。

後部座席の真ん中を倒して入れなくても良いので、まあ、斜めに入れられるぶんだけ使い勝手は良くなりました。

今回試すのはセットアッパー125S-DR 26g、ダイソーVJ 22g、ダイソーメタルジグ40g+ブレード、ジャックアイマキマキ60gです。

リールはダイワのレグザ4000番、ラインはPE1.5号、リーダーは20lb.です。

どれが一番飛ぶのかな?

ちなみに、飛距離の計測はアバウトです。レグザ4000番の一巻きが99cmなので、着水後糸ふけを取り、巻き取り回数で計測しました。

ダイワ セットアッパーS125-DR

まずはセットアッパーから。

セットアッパーS125-DR

シーバスロッドのMLでは少ししんどいサイズ、シーバスロッドMで何とか引き抵抗に負けないくらいのルアーです。

コルトスナイパーBBで第1投、サイレントウエイトオシレートシステムのタングステンオモリがしっぽのほうへ移動せず、飛距離は40mくらいか?

気を取り直し、ロッドを思いっきり振って、遠心力でオモリを移動させてやると、飛距離50~60mほどか?

思ったより飛びません。ちょっとセットアッパー125だと軽すぎるのかな?ロッドが硬すぎてロッドがしなってないような感じがします。

着水後、リールハンドルを回すと、軽々引くことができます。

飛距離を稼ぐことはできませんが、普通に使えそうです。

ダイソーVJ 22g

通称ダイソーVJの22gです。

軽いです。

50mくらいは飛びますが、投げたときにジグヘッドの重さがあまり感じられません。

使えないこともないですが、ダイソーVJはシーバスロッドで使ったほうがよさそうです。

ショアジギングロッドには少し軽すぎるねダイソーVJ

ダイソーメタルジグ40g+ブレード

ダイソーのメタルジグ40gにブレードを付けた物で、通称、世界最強ルアーです。

メタルジグ系なら40gでぎりぎりロッドの反発力を活かせそうな感じです。

飛距離は50~60mくらいです。

30gだと軽すぎるような気がします。

こちらは、ブレードをつけているので、シーバスロッドで引くとそれなりに重いのですが、コルトスナイパーBBではブルブルは吸収され、軽くリトリーブできます。

波止からの青物狙いには使えるのではないでしょうか。

ダイソーから50gとか60gが発売されたら、私は重いほうを買います。

ジャックアイマキマキ60g

今回のルアーの中で一番飛び、80mほど飛距離が出ました。

ロッドに重さが乗ってしなり、軽く振りぬいても反発力で飛んでいきました。

ジャックアイマキマキ60gはよく飛ぶ

メインで使うメタルジグは40~60gになりそうです。

はじめて使ってみたショアジギングロッドの感想

思ったよりも重くなかったです。

グリップ部分も長く、右手と左手をかなり離し、テコの原理で竿を振る。やはりキャストするときは投げ竿を扱っているイメージです。

メタルジグをシャクッたりすると思いますが、4000番のリール(275g)では手元が軽すぎて、ロッドの先端が重く感じてしまいました。

やはり、SW用のがっちり重いリールを使うほうがよさそうです。

今のところ、シマノのストラディックSW6000(440g)を考えています。

ラインもPEラインの2号か3号を考えているので、今回試したルアーの飛び方も変わってくると思うので、新しいリールを買ったらもう一度試し投げしてみるつもりです。

あと、皆さんが気になる点として3本継ぎですっぽ抜けや、緩みが気になるところですが、2時間ほど振っていましたが全く次が緩むことはありませんでした

もう少し長期間使って検証する必要があります。

今年こそはバラシなくコルトスナイパーBB S100MH-3で青物を釣り上げたいです。

スポンサーリンク

最新の記事

西宮ケーソン

西宮ケーソンでハマチ狙い、タチウオはまだ2022年9月末

2022/9/30

平日なのに灯台付近は満員御礼 今期初の青物狙い。ハマチが釣れてくれないかと、平日午前中休暇をとり、西宮ケーソンへ5時前の暗い時間帯に入りましたが、灯台付近は満員御礼。第2コーナー付近で頑張ってみました ...

アジュール舞子

カワハギ10匹アジュール舞子と玉子焼き2022年9月下旬

2022/9/28

明石大橋を眺めながらカワハギ釣り 年中行事になりつつある、春分の日の連休、明石焼きとアジュール舞子。食べログ明石焼き部門No1のふなまちさんで7か月ぶりの玉子焼きを楽しみました。今年は多いと噂のカワハ ...

舞洲

舞洲サバ祭りメタルジグで30匹、ビッグヒットの正体は?2022秋分の日

2022/9/24

メタルジグにサバがダブルヒット 2022年、秋分の日の3連休。小型の台風が近づくあいにくの雨降り。こんな時は釣りをする人が少ないのでチャンスです。しかも釣り場のすぐそばに駐車場がある舞洲夢舞大橋の下。 ...

リール

20ストラディックSW 6000XGのリールカバー、リールスタンド選び

2022/9/18

失敗を恐れるなかれ 今年こそは青物のバラシをなくそうと、ショアジギング用の20ストラディックSW 6000XGを買いました。手持ち最大4000番リールより2回りほど大きく、ライン、リールカバー、リール ...

メンテナンス

スミスのロッドフェルールワックスでジョイントの摩耗防止

2022/9/16

ロッドの継ぎ目を保護 最近、3ピース、5ピースのマルチピースロッドをよく使っています。継ぎが多い分すっぽ抜けしないかどうか気になっていたところ、継ぎの隙間を調整しかつ継ぎ目を保護できるフェルールワック ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しーちゃん

釣り歴10年、ブログ歴9年、サラリーマンブロガーです。 阪神間の釣り場の情報や釣りのグッズなど、初心者向けに記事を書いています。旅行も好き、うまい物好き好きな平凡なおじさんです。 エックスサーバー 上で、最近WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」を使い始めました。
最近、参加している「にほんブログ村釣りブログ ランキング(PVポイント順)」でトップ10入りしています。よかったらポチっとしてくださいね
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
お気楽オヤジの雑記帳★ もよろしく!

おすすめ記事一覧

1

ぶっこみサビキ! 釣りの巨匠村越正海さんも使っていたぶっこみサビキ、沖に投げてほっておくだけで良型アジが釣れちゃいます。投げサビキのように煩わしいウキの仕掛けを作ることもなく、市販のセット仕掛けを結ぶ ...

2

おかっぱりのトローリングは釣れるのか 最近注目しているのが、おかっぱりの弓角を使ったライトトローリング。関東のサーフでは普通に使っているようですが、阪神間の波止では見かけたことはありません。神戸界隈で ...

3

21フリームス活動開始 ダイワの新素材ZAION Vを使いたくて買った21フリームスLT2500-XH。最新リールの特徴を同じくLTコンセプトの19レグザと比較してみました。今回ローターが軽いことがリ ...

4

ランガン必須のタモジョイント 釣り場でランディングネット、いわゆるタモ網を使っている人をよく見かけます。だいたいは釣りをしているところの近くに置いて、大きい魚が釣れたらするするとそのまま伸ばして使いま ...

5

かっちり高剛性ボディ 概要 2020年の1月にシーバスロッド ダイワ レイジー100MLを買い、それに合う新しいリールを探し始めました。結論としてダイワのレグザにたどり着き、買いたいと思いながらもネッ ...

6

ジギングサビキは自作できる! 不器用な私には難易度が高かったジギングサビキの自作、何とか形になりました。 ジギングサビキは買うものだと思ってましたが、それなりのものができました。コストも市販品より少し ...

-ロッド
-