ロッド

愛用の万能ロッド ルアーマチックS80Lはモバイルに進化した

2017-01-14

PVアクセスランキング にほんブログ村

ルアーマチックS80L

発売から10年以上経っても人気のあるロッドがシマノ ルアーマチックスピニングです。釣り具、自転車部品の一流メーカーであるシマノが作った廉価版のロッドです。庶民にやさしい低価格ながらしっかりした作り。2020年7月末にリニューアル、モバイルロッドに進化したルアーマチックMBが発売されました。

2ピースの従来品がどのように進化したのか、4ピースのモバイルとスペックの比較をしながらご紹介です。

ルアーの練習におすすめします

シーバスロッドでありながらキスやアジ・サバなどの小型魚から、ウマズラハギ、タチウオなど少し大きい魚までオールランドに対応できる万能ロッドです。SiCは使われていませんが休日に釣りに行くくらいならハードガイドで十分、PEラインも問題なく使えます。

初心者におすすめできる最大のメリットは価格が抑えられていることです。高価なロッドは擦り傷を気にしたり、思いっきり投げて折れたりしないかなど、余計なことを考えて釣りに集中できません。

1万円のロッド1本かうなら、ルアーマチックとロッドケースを買っちゃいましょう。

ルアーマチックS80Lを選んぶ4つの理由

  1. 値段がリーズナブル
  2. 信頼できる大手メーカーシマノ
  3. バットパワーがあるが魚の引きを楽しむことができるように柔らかめなもの
  4. 子供たちも使うことがあるので少し短いもの

では選んだ理由を1つずつ説明します。

1.値段がリーズナブルなこと

最初に有名メーカーのルアーロッドを買うとなると失敗したくないという気持ちが強くなります。

5,000円は覚悟、10,000は高すぎる。高くて8,000円までか?

釣具屋さんの実売価格は6,000円台でした。消費税を入れて8,000円でおつりが来ます。

2.大手メーカーであること

安けりゃどこのメーカーのものでもいいわけではなく、一流メーカーの大衆向けの製品を探すと、ダイワとシマノにたどり着きます。メジャークラフトとかアブガルシアなども考えましたが、昔からある日本の2台メーカーなら問題なく使えるだろうと考え、最終的にはデザインのかっこよさでシマノルアーマチックにしました。

3.柔らかめのもの

釣る魚はあまり大きくないだろうと思いながらも、一応シーバスなどの大物までを考慮に入れ、軽めのルアー、ワームからミノーまで扱えるタイプをチョイス。ルアーマチックはロッドの硬さがL~Mの中から4gから扱えるL(Light)に決めました。最大ウェイトは21g、小魚用のジグヘッドからタチウオのワインド用ジグヘッド、軽めのメタルジグまで扱えます。

4.少し短いもの

長さは子供でも扱える長さ、8フィート(2.4m)にしました。電車の移動のときにもあまり邪魔にならない仕舞寸125.8cmです。メタルジグなら6~70mくらいは軽く投げることもできるので、長くはないですが短くもない、ちょうど良い長さです。

ルアーマチックS80Lのデザイン

amazonから長さ150cmほどのやけに大きい箱に入って届きました。ルアーマチックのロゴが印刷された布の袋に印刷されています。

SHIMANOロッド袋

シマノのシールとラベルにはシーバス、タチウオなど対象魚が書かれていました。

シーバスと書いてある

グリップはエンドまでくびれが無い、シーバスロッドの形です。

アップロック式

グリーンゴールドのベースにコールドの文字がはえます。

落ち着いた色合い

トップガイドはSiCではありませんが、一年間で数十回程度ならPEラインを使っても、トップガイドが削れることはありません。

Topガイドもハードだよ

2ピースで仕舞寸125cmなので持っている標準的なロッドケースにも収まります。

しなり良くバットパワーも、30cm超のウマズラ抜き上げました

長さ、ブランクスの経がルアーマチックと同じ、エギング用のシマノ セフィア BB R S800Mを持ってますが、グリップエンドを固定して30号のオモリをぶら下げると、先端で7cmほどルアーマチックS80Lのほうがしなります。

MとLの硬さ比べ

海面から5mの波止の上に立って釣りをしてました。

30cm、400gくらいのウマズラ抜き上げ

2017正月には30cmを超えるウマズラハギを軽く抜きあげることができましたよ。

ウマズラは楽しい

ワインドでタチウオだって楽々抜きあげできます。

残念がら指3本でしたが...

タチウオは案外軽い
関連記事

流石一流メーカーシマノが作る初心者を応援するために作ったガンバロッドルアーマチックS80L

自社工場生産シマノ基準の高品質万全のアフターサービスの3つの安心で

頑張るアングラーをサポート

というだけあります。

ルアーマチックはキス釣りにちょうど良い万能ロッド

このロッドでエサ釣りも良くします。とくに砂浜からのちょい投げでキス天秤を飛ばしてのキス釣りはとても楽しいです。

最近よく使うささめ針SLシンカー

ささめ針のSLシンカー18gならを60mは軽く投げられます。

柔らかい穂先なのでキスの喰いこみも良く、投げ竿のように重くもないので、投げすぎて腱鞘炎になることもないのでとっても気に入っています。自重はたったの135g、軽めの2500番くらいのリールを使うとちょうど良いバランスになります。ちなみに私が使っているのはシマノのセドナ2500Sです。

2020年に進化したルアーマチックMB

私が愛用しているルアーマチックが進化しました。ただ単にモバイルロッドになったわけではありません。継数が多くなったのに軽量化されていたんです。

持った感じも今までのルアーマチックと変わりません、4ピースロッドなのに。

2ピースと4ピースのスペックを表にして比べてみます。

品番全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
カーボン
含有率(%)
S70UL2.142109.5831.30.8~1080.8
S76UL2.292117.0901.30.8~1278.9
S80L2.442125.81351.64~2195
S86ML2.592133.31451.76~2895.2
S90ML2.742141.01551.76~2895.1
ルアーマチック
品番全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
カーボン
含有率(%)
S70UL-32.13374.8801.30.8~1087.2
S76UL-42.29462.4911.30.8~1087.6
S80L-42.44466.21281.65~2592.9
S86ML-42.59466.91431.66~3292.5
S90ML-42.74473.71521.66~3294.0
S96M-42.90477.81661.78~4593.5
ルアーマチックMB

一番大きく変わったのは仕舞寸。約半分の長さになりました。

数gですが、自重が7gも軽くなっています。適合ルアーウェイトも最大4g重くなっているので、ブランクスが強化されているみたいですね。

今まで長い9フィート6インチがありませんでしたが、追加されました。

実際に振ってみた感じもピース数が増えたことによる影響をあまり感じませんでした。仕舞寸が短く持ち運びが便利になった事が一番のメリットですね。

欲しくなる専用ケース

残念ながら価格を抑えているため専用竿袋しか付属されていません。シマノフリーゲームXTのように専用セミハードケースが欲しくなってきます。せっかくコンパクトになったのに、ロッドケースも欲しいですよね。仕舞寸70cm前後のサイズは品ぞろえが少ないので、探すのに苦労します。釣具屋さんには置かれていないかも。

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥3,976 (2021/09/20 12:09:19時点 Amazon調べ-詳細)

ロッドケースって短くてもそこそこの価格なんですよね。新しくなったMBの惜しいところはここなんですよね、自分的には。

コンパクトロッドケースとルアーマチックMBの価格を合わせると、トップガイドがSiCの上位機種メジャークラフトや、アブガルシアのMBロッドが買えてしまうんです。

今後はモバイルロッドも増えてきそうなので、この問題も解消される日は近いでしょう。ルアーマチックMB専用ロッドケースも発売されるかもしれませんね。私は2ピースのS80Lを専用の竿袋に入れて電車に乗っていたので十分ですが、やはりほしくなってきますね。

あわせて読みたい

ルアーマチックは初心者におすすめです

私の愛用のルアーマチックS80Lですが、キスやアジ、サバの小型魚ならS76UL-4、ウマズラハギ、タチウオ、シーバスなど大き目の魚ならS90ML-4など、最適なサイズを選ぶと専門性が高まります。

オールランドに使えるロッドあることは2ピースのルアーマチックで実証済み。4ピースになった分持ち運びが楽になって良かったと思います。

ルアーを使った釣りの入門ロッドとしてルアーロッドに慣れるまで、メタルジグにジグヘッドワーム、ミノーにキス仕掛け(エサ釣り)、いろいろな釣りを楽しめます。

ちなみに、失敗してモバイルの穂先を折ってしまったときにはシマノのサイトから2,700円でパーツを取り寄せることができるようですよ。販売価格の半分くらいになりますが...

買い替えるよりは安いですよね。

使い込んでトップガイドの滑らかさが無くなってきたら、トップガイドをSiC交換に挑戦してくださいね。1ランク上のロッドに変身します。

あわせて読みたい

シマノ ルアーマチックMB、初心者卒業まで使い込んでみましょう!

スポンサーリンク

こちらも見てね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しーちゃん

釣り歴9年、ブログ歴8年、サラリーマンブロガーです。 阪神間の釣り場の情報や釣りのグッズなど、初心者向けに記事を書いています。旅行に行っておいしい店で食事をすることが好きなおじさんです。 エックスサーバー 上で、最近WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」を使い始めました。
お気楽オヤジの雑記帳★ もよろしく!

おすすめ記事一覧

1

ぶっこみサビキ! 釣りの巨匠村越正海さんも使っていたぶっこみサビキ、沖に投げてほっておくだけで良型アジが釣れちゃいます。投げサビキのように煩わしいウキの仕掛けを作ることもなく、市販のセット仕掛けを結ぶ ...

2

南芦屋浜ベランダ 阪神間の釣り場で知名度が高いところをあげると、まず出てくるのが南芦屋浜ベランダです。伊丹さんがMCをつとめるフィッシングマックスさんスポンサーのサンテレビ四季の釣りという番組も放映さ ...

3

ランガン必須のタモジョイント 釣り場でランディングネット、いわゆるタモ網を使っている人をよく見かけます。だいたいは釣りをしているところの近くに置いて、大きい魚が釣れたらするするとそのまま伸ばして使いま ...

4

アブガルシア いいね~ 約1カ月間いろいろ釣り用のバッグを調べていて、ブログにまとめている途中に思わずポチっとamazonで。 3日後に到着しました。 amazonでの取り扱いが2020/1/28から ...

5

かっちり高剛性ボディ 概要 2020年の1月にシーバスロッド ダイワ レイジー100MLを買い、それに合う新しいリールを探し始めました。結論としてダイワのレグザにたどり着き、買いたいと思いながらもネッ ...

6

ジギングサビキは自作できる! 不器用な私には難易度が高かったジギングサビキの自作、何とか形になりました。 ジギングサビキは買うものだと思ってましたが、それなりのものができました。コストも市販品より少し ...

7

心機一転 Affinger6 2018年からお世話になっ2018年からお世話になったブログのテーマCocoonをAFFINGER6に変更しました。3年間ありがたく使わせていただき感謝しています。移行方 ...

-ロッド
-