ロッド

ダイワ レイジー100MLインプレ、14シーバスハンターXと比較

2020-01-10

PVアクセスランキング にほんブログ村

レイジーのスペック

ダイワのレイジー100ML、去年使っていた1ランク下のシーバスハンターX86ML。40肩、50肩を経て伸びなくなる飛距離。飛距離復活を図るため長いロッドを考えておられるシニアの方々におすすめです。お手頃価格の両シーバスロッドのスペックを比較しながらレイジーのインプレです。

ロッドの性能は申し分ないのですが、仕舞寸が長くなったことが一番困ったことであることに、改めて気づかされました。

合わせて読みたい

レイジーと14シーバスハンターXの見た目

ロッドって、けっこう長いんで全体を写すのが非常に難しいです。

上がシーバスハンターX86MLで下がレイジー100MLです。

ロゴを比較

装飾は1ランク下のシーバスハンターXのほうが、ゴールド基調で美しく飾られた感じです。レイジーはシルバーがベースで飾りっけが無いですね。

もう少し引いて見るとこんな感じです。

リールシートとグリップの形状

ゴールドとシルバーの違いがよく分かります。

リールシートはやはりシーバスハンターXのほうが安っぽい感じですね。

価格の差がよくわかるリールシート

比べてみるとレイジーの光沢ある質感が勝っています。

ブランクスの比較 X45とHVFカーボン

シーバスハンターXで採用されているブレーディングXは、クロスに貼り付けられたカーボン繊維が特徴的ですぐにわかります。

写真下のレイジーはなんかのっぺりしていて味気ない感じですが、X45HVFカーボンが採用され、普通のブランクスのシーバスハンターXよりはバッドパワーの限界値は高いです。

カーボン含有率はどちらも96%で、4%はガラス繊維とエポキシ樹脂です。

上がブレーディングX、下がX45+HVFカーボン

やっぱちょっと地味ですね。

ちなみに、レイジーの上位クラスにあたるラテオRにはX45に加えHVFナノプラスが採用されていますよ。より高密度なカーボン素材です。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥21,985 (2022/05/28 12:55:44時点 Amazon調べ-詳細)

ガイドの比較

ガイドのスペックはシーバスハンターXのほうが良いのではないかと思っています。

シーバスハンターXに採用されているガイドリングはKガイドオールSiCです。すべてのガイドリングがSiCガイドなんです。

それに対しレイジーはトップガイドだけがSiCで、他はアルコナイトのようです。ようですと書いたのはスペックとしてどこにも書かれていなかったので他の方のブログなどを見てそう書きました。

どうやらアルコナイトはハードガイドの中でもトップクラスの性能らしく、最近はトップだけSiCでほかはアルコナイトを採用しているロッドも増えてます。2021.03発売のシーバスハンターXはLAZYと同じく、トップSiCで他はアルコナイトに変わっています。

実際に私はハードガイドのシマノ ルアーマチックS80LをPEラインで使っています。もちろんトップガイドはSiCに交換していますが、トップガイド以外のハードガイドが削れている様子はありません。

チェック

そもそもアルコナイトでも十分硬度はあるらしい

SiCトルザイトアルコナイト※参考値
ビッカース硬度22~2413~1513~15

硬さを表す尺度の一つであり、押込み硬さの一種である。ダイヤモンドでできた剛体(圧子)を被試験物に対して押込み、そのときにできるくぼみ(圧痕)の面積の大小で硬いか柔らかいかを判断する。

ビッカース硬さ - Wikipedia

トップガイドの大きさは意外や意外、短いシーバスハンターXのほうが大きかったです。

左レイジー、右X

シーバスハンターXの先径は1.9mmでトップガイドもレイジー(先径1.6mm)より大きいです。

重さの比較

シーバスハンターX86MLは140gですが、レイジー100MLとは長さが違うので比較にならないので、シーバスハンターXの100MLと比べます。

シーバスハンターX100MLの重さはなんと170gもあります。

それに対してレイジー100MLは145gでその差25g。ちなみにレイジーの86MLなら125gです。

管理人

軽いですよね。きっと、鉄芯に巻き付けたカーボン繊維の中の接着剤を絞り出したHVFカーボン技術が寄与しているんですね。

グリップの上の径をくらべると確実にレイジー100ML(元径13.9mm)のほうがXの86ML(元径11.9mm)より太いんですが、重さはほぼ同じなんですよね。

元径の太さ2.0mmも違います。

シーバスハンターX86MLを持った感じと、レイジー100MLを持った感じ、重さはほぼ同じですが、レイジーのほうが45cmほど長いぶんテコの原理で先が重く感じます。

けっこうちがいますね

次のページへ >

スポンサーリンク

こちらも見てね

最新の記事

ルアー

侮れないダイソー釣りグッズ、釣具店かと思うよ

2022/5/28

ついついたくさん買いたくなるダイソー釣り具 ダイソーの釣り具ってここ数年で非常に魅力的になってきました。中でも品薄状態が続いた通称ダイソーDJ、ソルト用ジグヘッドとシャッドテールワームです。今回は蓄光 ...

淡路島

洲本 大浜のデカギス釣りには夢海游 淡路島がいいね~!

2022/5/28

淡路島でデカギス狙い 淡路島でのキス釣り、今回は初めて洲本の大浜に行ってみました。キス釣りの1級ポイント、テレビでも紹介されていたのを覚えています。あわよくばヒラメを釣ることができればと考えていました ...

その他釣りグッズ

スパッと切れてストレス解消!シマノのスパシザーST

2022/5/22

こいつは確かに切れ者だ! PEラインのカットって、切れないハサミだとかなりのストレスになりますよね。フィッシングプライヤーについているタングステンのカッターもよく切れますが、ハサミとしての用途に使うに ...

西宮跳ね橋

西宮跳ね橋、今週も出るかキビレ!2022年5月中旬

2022/5/15

デイチニングハードル高し 先週キビレが釣れたので、2週連続の西宮跳ね橋です。エサ釣りではなくチニングで今回こそはチヌを釣ってやろうと意気込んで来たものの、結局喰ってくるのはアオイソメ。しかもチヌじゃな ...

その他釣りグッズ

3投げでラインのヨレがびっくりするほど解消!その名はヨリトレール

2022/5/14

早く買っておけばよかったヨリトレール なぜ早く買っておかなかったのかグッズの1つがヨリトレール。ベタなネーミングですがその実力はベアリングスナップなど今まで使ってきたラインヨレ解消グッズをはるかに上回 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しーちゃん

釣り歴9年、ブログ歴8年、サラリーマンブロガーです。 阪神間の釣り場の情報や釣りのグッズなど、初心者向けに記事を書いています。旅行に行っておいしい店で食事をすることが好きなおじさんです。 エックスサーバー 上で、最近WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」を使い始めました。
お気楽オヤジの雑記帳★ もよろしく!

おすすめ記事一覧

1

ぶっこみサビキ! 釣りの巨匠村越正海さんも使っていたぶっこみサビキ、沖に投げてほっておくだけで良型アジが釣れちゃいます。投げサビキのように煩わしいウキの仕掛けを作ることもなく、市販のセット仕掛けを結ぶ ...

2

21フリームス活動開始 ダイワの新素材ZAION Vを使いたくて買った21フリームスLT2500-XH。最新リールの特徴を同じくLTコンセプトの19レグザと比較してみました。今回ローターが軽いことがリ ...

3

ランガン必須のタモジョイント 釣り場でランディングネット、いわゆるタモ網を使っている人をよく見かけます。だいたいは釣りをしているところの近くに置いて、大きい魚が釣れたらするするとそのまま伸ばして使いま ...

4

かっちり高剛性ボディ 概要 2020年の1月にシーバスロッド ダイワ レイジー100MLを買い、それに合う新しいリールを探し始めました。結論としてダイワのレグザにたどり着き、買いたいと思いながらもネッ ...

5

ジギングサビキは自作できる! 不器用な私には難易度が高かったジギングサビキの自作、何とか形になりました。 ジギングサビキは買うものだと思ってましたが、それなりのものができました。コストも市販品より少し ...

-ロッド
-