須磨は魚種豊富いろいろな釣り方ができる釣り場

【情報】釣り場紹介

東西に2Kmと広大な釣り場でかつ、電車での釣行が便利といえば須磨海岸

ここではキスアジマダイカワハギイシモチアイナメカレイベラ...

夏の海水浴場のチャラチャラしたイメージとは全く違い、釣りシーズン真っ只中の秋には釣り人でいっぱいです。

いろいろな魚が季節を問わず楽しませてくれます。

駅前徒歩3分で釣れます

須磨駅の南口に降りると目の前に突堤があり、砂浜を歩いて約3分で釣り場に到着します。

ただし、エサを持ってきてない場合は、北口から出て東に100mほど歩くと私も愛用の吉川釣具店さんがあります。

ご主人に釣れている魚の情報をお聞きしてから釣れている場所に向かいましょう。

突堤ではアジカワハギチャリコなどがよく釣れます。

砂浜では少し投げてキスキュウセンベラ狙いが良いと思います。

海水浴場は広いので、いろいろ歩いて場所を変えながら釣るのが楽しいです。

以前、公衆トイレは駅から東に500mくらい離れたところまでいかなければなかったのですが、2017リニューアル後は、駅の西100mくらいのところに設置されてとても便利になっているようです。

シャワーが浴びられるようになっていて、中もかなり綺麗でした。

突堤には柵はありませんので、小さいお子さんが海に落ちないように気を付けてください。

こんな感じです。

釣り船に乗るお客さんも良く行き交いされるので、安全には十分気を付けましょう。

dsc_0131

寒くなったらこの魚を狙おう

正月まではそれなりにいろんな魚が釣れますが、正月過ぎると釣り物が減ってきます。

昼間はじっくり腰を据え、カレイアイナメ狙ってみましょう。

突堤の際にシラサエビを落とすと30cmを超える、通称ポン(大きいアイナメ)が釣れることがあります。

私も何年も狙っていますが、最大20cmくらいです。

年によって大当たりもあるそうなので、あきらめずに頑張りましょう。

寒いのを我慢すれば、夜になるとメバルが浮いてきます。

大きいものでは30cm近くのものも釣れているようなので、一度挑戦してみては?

釣りものが少ない時期に魚が釣れると、とっても得した気分になって気持ち良いものです。

ラッキーなこともあります

2013年になりますが、GWに須磨海岸に初めて釣りに行ったとき、たまたま近くで釣られていた方が、60cmもある大きなマダイを釣られました。

珍しいので近くで見ていると、ラッキーなことにそのマダイをどうぞと。

子持ちの4Kgにもなる大きなマダイを小さめのクーラーボックスに詰め込み、家に持ち帰りました。

刺身、塩焼き、煮つけといろいろな食べ方で美味しくいただきました。

この1回だけでしたが、もしかするとこんなことがあるかもしれません。

dsc_028429

 

昼食はビーチで

半年以上足を運んでいませんでしたが、ビーチに食事のできる店舗が立てられていました。

以前は、駅のセブンイレブンか水野屋のコロッケでしたが、駅の南のビーチにグレートフルズとすまうら水産のお店ができていました。

一日中釣る予定の人は、ここでしっかり食事をとってから午後の釣りを楽しむのも良いかもしれません。

ワンポイントアドバイス

電車での釣行は車を運転しないで楽なのですが、少し困ったことが...

釣った魚は持ち帰られると思いますが、気を付けないと電車の中に魚の匂いが漂うことになるかも...

クーラーボックスはよほどのことが無い限り匂いが漏れるということはないと思いますが、念のために釣った魚はジップロックに入れておくと安心です。

匂いも漏れませんし、クーラーボックスにも匂いがつきません。

釣り場で下処理をしておけば、そのまま冷凍することもできますよ。

たまには広々した釣り場で釣るのもいいものです。

タイトルとURLをコピーしました