中通しのウキやオモリが糸を切らないで交換できるか?

この記事は約3分で読めます。

糸を切らずに交換できる?

円錐ウキや中通しのオモリを使ってウキ釣りをする方も多いかと思いますが、海の状況が変わってきてオモリの重さやウキの浮力を変えたいときがあると思います。環付ウキやスナップ付きのオモリならば自在に調整ができると思いますが、どおしても中通しのウキやオモリを使いたい人もいらっしゃると思います。私は今まで知らなかったのですが、世の中にはとっても便利なアイテムがあるのですね。 今回はそんな便利なアイテムの紹介です。

最近良く使っているウキ仕掛け

以前は中通しのウキを使っていたのですが、最近んは何となくですが環付を使っています。仕掛けをもっと沈めたいときには、ウキの浮力を大きくして、オモリにはガン玉を足しています。
一応、ラインを切ることなく調整ができますが、ガン玉を足したりするのでちょっと不便です。なんとかウキもオモリもラインを切らずにすっきり交換することができないかと、ここ最近ずっと探していました。とあるテレビ番組を見ているときに発見してしまったんです。

ラインを切らずにウキを交換できる優れものシマノZERO PIT

私の大好きなシマノの製品です。 ウキの本体とキーパイプという部品に分かれています。 詳しくはこちら↓ キーパイプにはあらかじめラインを通しておくのですが、オモリは取り外し可能です。 この方法ならば、ウキの浮力を自在に変えられますね。

オモリもラインを切らずに交換できます

磯研の製品でコアシンカーといいます。 仕組みは側面に切れ目を入れたオモリに、側面に切れ目の入ったヨウジを差し込む仕組みです。 このシンカーの優れたところは、オモリを誘導式にも固定式にもできるところです。 言葉の説明だけでは難しいので、磯研さんのホームページをご覧ください。 メニューのおもりシリーズのところを見てくださいね。 どうですか? 感心しませんか? この時点ですごいアイテムがあると思っていましたが、更にすごい仕掛けのものが存在します。

オモリいらんやん、シマノ ゼロピットDVC

シマノさんはすごい、オモリすら交換せんでええ~んや。 ウキの中にシリンダーが入っていて、その中の空気を増減させて浮力調整をするらしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました