第2波終息間近、ソーシャルディスタンスで

GoToトラベルキャンペーン!モバイルロッド選ぶなら2020

PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事は約6分で読めます。

進化するモバイルロッド

新型コロナで三密を避けるためにアウトドアブームとなり、釣りの人気も急上昇。GoToトラベルキャンペーンもあり、旅行をする方も増えてきました。旅行先で釣りをちょっとだけ楽しみたい方にピッタリなのがモバイルロッド。旅行先だけでなく、使ってみて波止で釣りをするにも十分なスペックだと分かりました。

今回は飛行機、車、電車などのあらゆる旅行場面を想定し、モバイルロッドの条件を考えてみます。

モバイル・パックロッドのメリット

世の中にはモバイルロッドとかパックロッドとか呼ばれる、仕舞寸の短いロッドが存在します。例えば9ft前後のシーバス2ピースのロッドであれば、仕舞寸が大体120~130cmくらいですが、モバイルロッド、例えばシマノ フリーゲーム XT 86MLなら5ピースとなり、仕舞寸は56.4cmです。

モバイルロッドのメリットは小さい収納スペースに収まり、持ち運びもお手軽なことです。

車のトランクルームの片隅に

大きい車なら別ですが、排気量2000ccクラスのSUVでもトランクにはロッドケースに入れた2ピースのロッドは横にしてギリギリ収納できるかどうかの長さです。もちろん仕舞寸150cmを超える10ftのシーバスロッドは入りません。後部座席の真ん中だけを倒してロッドケースを通しています。娘たちが左右に座っているので、いつも枕代わりにされています。仕舞寸1mくらいの磯竿ならば真横にしてすっぽりトランクルームに収納できるので、仕舞寸が短いロッドがあればラゲージスペースだけに収まるのにな~って思ってました。

普通のロッドは横して入れられない

飛行機でロッドを預けるのは大変

飛行機に乗るとき長いロッドを荷物として預けることはできます。私も石垣島へロッドを持ち込んだことが何度かあります。荷物預かり所で釣り具専用の入れ物に入れてもらい、到着したら他の荷物同様、荷物受け取り場で受け取ります。

手荷物が機内持ち込みで済むような短期の旅行で、わざわざロッドのために荷物受け取りを待つのも嫌だな~と思ったりもします。

ANAやJALなど航空会社の規定では飛行機への持ち込みは55cm以下と決まっているようです。いずれも飛行機の座席数100席以上の場合です。

路線JAL・JTA
サイズ合計:115cm以内55cm×40cm×25cm以内
合計重量10kg以内
出典:JAL
路線ANA
サイズ合計:115cm以内55cm×40cm×25cm以内
合計重量10kg以内
出典:ANA

国土交通省の機内持込・お預け手荷物における危険物について記載されているリスト(日本語)がありました。リスト(日本語)の内容を確認すると、以下のように書かれていました。

畳んだ状態で長さ60cm以下のものは持込可能
木製やプラスチック製のもので、凶器にならないと判断された場合は持込可能

シマノのフリーゲームXTの説明にも60cm未満と書かれていたので、60cm未満であれば大丈夫そうです。

仕舞寸法は国内航空機の機内持ち込み可能サイズである60cm 未満に設定、大きめのスーツケースであれば十分に収納可能です。

シマノ フリーゲームXT

電車での移動は目立つ

電車での移動はハードルが下がります。長いロッドでも立てて持っておけば良いので。

でも、電車の椅子に座ってロッドを立てているとすぐに釣り客であることがバレます。まだまだ、電車釣行は少数派なのでなるべく目立たないようにしたいところ。(^^♪

小さ目のクーラーボックスにパックロッド、小さ目のヒップバッグなら見た目の印象が全く違いますよね。座席に座っても他の方の邪魔になることもありません。

モバイルロッドは振出か並継か

モバイルロッドには振出タイプと並継(印籠継)タイプがあります。

下の写真は普通の2ピースロッドと印籠継、振出ロッドを比べたものです。モバイルロッドの仕舞数が短いことがよくわかります。

上から2ピース、モバイル印籠継、モバイル振出

振出タイプと並継(印籠継)の特徴を説明します。

振出タイプ

振出タイプは磯竿などと同じように、望遠鏡のようにするすると伸びる形式のものです。継数を増やせばかなりコンパクトになりますが、継数の数だけロッドの素材が重なっていくので手元が太くなります。グリップ部分を細くしようと思うと、継数を減らすか素材の厚みを薄くすることになります。

シマノ フリーゲーム 磯竿のようにするする伸びます

ちなみにメバリング用に私が使っているのはシマノのフリーゲームです。

アジやメバルなどの小魚を狙うのであれば仕舞寸が短くても十分な強度が得られそうです。9フィート超えのシーバスロッドなどは4本継でも仕舞寸が80cmくらいになり、飛行機への持ち込みはできなくなります。

並継(印籠継)タイプ

並継(印籠継)タイプは振出のようにロッドのパイプを重ねることは無いので、グリップ部分が太くなることもありません。投げ竿でも採用されているように、同じ長さなら強度は振出より高いので、長めのロッドは並継タイプがよさそうです。

少し心配なのは継数が多くなると接合部分が緩んでいることに気が付かなかったら、投げた時にトップ部分が飛んで行ってしまうのではないか?というところです。

普段使っている2ピースのロッドでも接合部分が緩めになっていると、投げた時に先が飛んでいきます。弟はダイワのラテオの先が実際に飛んで行ってしまったそうです(回収はできました)。投げ方もサイドから投げていると外れやすいというのも聞いたことがあります。

デメリットもありそうですが、やはり並継タイプが強度的によさそうです。

印籠継は並み継と少し違うよ

仕舞寸別モバイルロッド

仕舞寸が短く強度が高い長めのシーバスロッドを前提にします。上級機種は手が出ないので中級機種以下で確認しました。飛行機の手荷物で持ち込み可能な仕舞寸60cm未満かそれ以上かによって分けてみました。

飛行機に持ち込み可能なモバイルロッド

ポイント 飛行機は60cm未満
モバイルロッドと呼ばれるものの中でも飛行機の60cm未満の条件をクリアするものは意外に少ないです。

シマノの60cm未満MB

シマノ フリーゲーム XT (スピニング)86ML:仕舞寸56.4cm、5ピース

出典:シマノ フリーゲームXT

ハイパーX、ステンレスKガイド、ロッドケースも付属しています。私が欲しい一品ですが、2万円くらいするので初めて並継モバイルロッドを買うには少々お高い。

シマノには60cm未満の仕舞寸ものもが、ワールドシャウラ ドリームツアーエディションエクセンスMBなどの高級機種でラインナップされています。

ダイワの60cm未満MB

ダイワ モアザン モバイル87MLS-5:仕舞寸58.0cm、5ピース

ダイワのモアザンMB見落としそうでしたが、87MLならば仕舞寸が60cm未満に収まります。このサイズになると5ピースなんですね。当たり前ですけど。私の小遣いならば毎月1ピースずつなら買えるかもしれません。

アブガルシアの60cm未満MB

アブガルシア クロスフィールド XRFS-835M-MB:仕舞寸54.0cm、5ピース

印籠継です。トップガイドはSiCで、Xカーボンテープが採用されています。シマノ、ダイワ同様と同等の装備ですね。

タイトルとURLをコピーしました